塩配り | さがの歴史・文化お宝帳

塩配り

所在地 佐賀市三瀬村
登録ID 1280

出典資料から記載

現在では見られないが、最近まで「塩配り」をやった。
服装はふだん着ででかけるが、誰であるか他人に気付かれないように頬冠りをして、「てぼ」(竹で編んだ籠)に塩を入れて持ち、村内の各家を訪れて、竃の上に塩を供え、三宝荒神にお祈りをして餅をもらってまわるのである。
昔から荒神様はかまどの神とされていた。
出典:三瀬村史p634

関連情報

総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl