眼鏡橋 | さがの歴史・文化お宝帳

眼鏡橋

所在地 佐賀市大和町三反田
年代 近代
登録ID 2212

出典資料から記載

寛永11年(1634)支那の僧如定が長崎在住の折り、支那式拱橋の架橋を伝えたといわれている。三反田の眼鏡橋はその工法によって出来たもので、明治27年(1894)松梅村長 野田俊吾の時代に竣工した。当時の工法としては画期的なものといえよう。この橋を渡って行くのが昔の旧道である。又、八反原の国道323号線にも眼鏡橋がある。
出典:大和町史P.608〜609

地図

関連情報

総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl