海童神社 | さがの歴史・文化お宝帳

海童神社

所在地 佐賀市西与賀町丸目
登録ID 230

出典資料から記載

丸目中程で信号機四角の左側にある。祭神は龍神であり丸目氏子の建立といわれている。祭典は旧11月1日と旧15日に行う。
竜王神社と海童神社も漁村に多いが、漁業との関係は直接でなく、漁村が一般に海岸近くにあって、海の被害を受けやすいために祀られているので、海の被害を受けて、海波の静穏と堤防の安全を願う沿岸住民の職種をこえた信仰である。有明海沿岸は沖積平野が広く存在しているため海面との高低の差がほとんどなく大暴風雨に見舞われ堤防が決壊すると沿岸住民は大被害をこうむるのであって、古来いくたびとなくその辛酸をなめ、海波の静穏と堤防の安全を祈念したとされている。
出典:西与賀の歴史とその周辺p18

地図

関連情報

総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl