吉祥山 萬福寺 | さがの歴史・文化お宝帳

吉祥山 萬福寺

所在地 佐賀市富士町大字下合瀬614
年代 中世
登録ID 2747

出典資料から記載

 宗派 臨済宗南禅寺派 円通寺末寺
由緒 初め龍門際水禅師が開いた禅庵だったが、次代字堂禅師当時を拡張として開基とし、寺名を萬福寺とした。字堂禅師の死去が永正4年(1507)1月4日であるので、創建は文明年間(1470年頃)とみられている。寺院の建物は土地の豪族合瀬因幡守右衛門尉、法名宗智雄本大禅定門建立とされる。三瀬城主神代長良の子千寿丸が手習いに通った寺で、虎山和尚の筆塚がある。千寿丸とその妹が若くして死去したので、その墓がある。
出典:富士町史下p.404

地図

関連情報

総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl