タメミ | さがの歴史・文化お宝帳

タメミ

所在地 佐賀市富士町
登録ID 2810

出典資料から記載

 集落の祭りのおりにタメミ(試見)、オタメなどという占いが行われる。地中に埋めた瓶の中に酒やシトギ、セッカンなどを入れて蓋をしておき、1年後に開けて、酒の量や濁り具合などで来年(今年)の豊凶などを占う。1年間の作物の出来不出来は深刻な問題である。それに関連した天候や災害などを瓶の中の状態で占う。
酒の量が少ないと干ばつになる、虫が多ければ虫の被害があるのではなかろうかなどと占う。
 現在、行われている集落は、下無津呂北川・金比羅社、大串西の谷・権現社、大串・早馬大明神、栗並・豊前坊、下小副川・九郎社、大野原・妙見社、日池・子安神社などである。東畑瀬では泉神で山口姓の人たちにより行われていた。
出典:富士町史下p.570

関連情報

総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl