幻の西光寺川 | さがの歴史・文化お宝帳

幻の西光寺川

所在地 佐賀市富士町中の島
登録ID 2833

出典資料から記載

 現在の通称中の島(松瀬)は以前「中州」であった。当然大雨の度に濁流と砂に荒らされていた。上流に向かって右手が嘉瀬川、左手を西光寺川と称していた。西光寺川より左手を内野といい右手は松瀬となっていた。松瀬は大和町である。西光寺川が郡境になっていた。
 その西光寺川を埋めて小さな水路にし、嘉瀬川のほうを大きく川巾を広げて本流一本にすることによって内野と松瀬は地続きになった。おかげで山間部では貴重な広い平地が出来あがった(昭和52〜3年頃)。そこに出来たのが"ユートピア″中の島団地である。佐賀駅まで車で18分、高速道路まで8分。まさに最高のベッドタウンである。その松瀬が富士町に編入され内野区と合併されたのが平成7年(1995)である。だが西光寺川は今や幻となった。
出典:富士町史下p.759〜p.760

関連情報

総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl