木下義行 | さがの歴史・文化お宝帳

木下義行

所在地 佐賀市富士町
登録ID 2842

出典資料から記載

   安政5年~昭和8年(1858~1933年)地方政治家
 安政5年神埼郡三瀬村にて出生、明治7年旧小関村上関屋字下の原(現在北山湖に水没している)に移住。明治23年小関村長に就任、在職5期20年、村会議員当選2回、郡会議員3期12年。その間に、国有林原野1056町歩の払い下げに成功し村有基本財産の造成に努めた。更に義務教育諸学校の設備充実はもとより実業補習学校の設立等に力を注ぎ、名村長の誉れ高かった。
 昭和8年、享年75歳で世を去った。村民はひとしくその功績を讃え、昭和11年「木下義行表彰記念碑」を建立した。現在、下小副川公民館前に記念碑がある。
出典:富士町史下p.328

関連情報

総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl