嘉村美津羅 | さがの歴史・文化お宝帳

嘉村美津羅

所在地 佐賀市富士町
登録ID 2843

出典資料から記載

   明治4年〜昭和4年(1871〜1929)地方政治家
 明治4年旧北山村大野に生まれ、明治26年中原嘉村家に養子。北山村長23年5か月、郡会議員4期、県議会議員2期、在職中に村営発電所の建設、官行造林300余町歩の植林、村道の開発、改修、県道の改修に努め、村立学校の理科器械の購入等教育熱旺盛で名村長の名を残した人物である。昭和4年没、享年58歳。昭和5年10月「嘉村美津羅君彰徳碑」が、鉄道大臣床次竹次郎の揮亳により建立された。碑の撰文は、校医陣内味不味先生の手によるもの。尚、日露戦争に従軍、功により勲七等青色桐葉章を授与されている。
出典:富士町史下p.328〜p.329

関連情報

総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl