蓮池と平氏1 | さがの歴史・文化お宝帳

蓮池と平氏1

所在地 佐賀市蓮池町
年代 古代
登録ID 342

出典資料から記載

下って平安朝の末期、平氏最盛期の頃、土肥左衛門尉宗綱という人が蓮池の押領使として任命されている。土肥はもと山辺氏で武蔵にいたが、のち相模国土肥に移り地名をもって姓とした。平重盛に仕えその家人となっている。
宗綱が蓮池に居た期間は判明しないが、その子家綱は四国土佐国高岡に押領使として派遣され、平治の乱後平氏の命を受けて土佐冠者源希義(義朝四男)を殺し、功に因って土佐国を賜わり蓮池城を築き定住した。『吾妻鏡』に「寿永元年(1182)小松内府の家人蓮池権頭家綱等、土佐冠者源希義を殺す。」との記事がある。家綱の後裔はさらに大平と改姓したようで『土佐遺語』に「蓮池城は大平氏13代伝領せり。大平氏は吾妻鏡にいう権頭家綱の後なり。」とあるのをみても知られる。土肥氏が蓮池押領使として来任したことを考えると、当時蓮池は相当知名の地であったものと想像される。
以上のような事蹟については従来の蓮池方面の古記録等には何等記載されていなかったが、昭和30年春、土肥氏の後裔で蓮池姓を名のる人が祖先の地を訪ね廻っているといって蓮池に来て前記の家系譜を写真にしたものを持参し、蓮池公民館に寄贈したことから史書記載の確実であることを知り得る。
なお、小松村が平重盛と何等かの縁故があるとの口碑、あるいは奇習が現存するのも土肥氏の来任と関連が深い感をいだかされる。
出典:芙蓉P.61

関連情報

総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl