天徳寺(臨済宗南禅寺派) | さがの歴史・文化お宝帳

天徳寺(臨済宗南禅寺派)

所在地 佐賀市伊勢町6-32
登録ID 429

出典資料から記載

 天徳寺は、北面天満宮の御本地十一面観世音菩薩、不動明王、毘沙門天の三尊像を祀るために建立されたお寺です。北面天満宮と同じころ、蛎久より移されたもので、佐賀のわらべ歌にも歌われた古寺です。
 墓地には、幕末シーボルトについて学んだ佐賀藩蘭学者大庭雪斎の墓があります。雪斎は弘道館の教導をし、多くの蘭学書を訳し、1873年(明治6年)69歳で没しました。
出典:日新校区史跡ガイドマップ

地図

関連情報