検索結果

「富士町」「人物」「人物」は53件登録されています。

  • 柴田政利

       大正11年〜平成7年(1922〜1995年)大学教授  大正11年7月13日旧北山村大野にて出生。北山小学校5年終了後旧制県立小城中学校に入学、4年終了後、陸軍士官学校に入学、同学校卒業後少尉に任官、終戦時の昭和20年には陸軍大尉中隊長としてニューギニアにて終戦を迎える。復員後、明治大学商学部に入学し、26年12月、同大学大学院商学科を卒業し、33年助教授に、38年10月教授に昇格する。42年に商学博士の学位を取得、平成...

  • 副田萍泉

       明治33年〜昭和45年(1900〜1970年)俳人  明治33年旧南山村にて出生。本名清一、萍泉は俳号。県立佐賀商船学校中途退学。南山農協理事、南山村議会議員等の要職に就く。本業は湯元で、鶴霊泉を経営。特に俳句に造詣深く佐賀ホトトギスの会員指導にあたり多くの俳句愛好家を育成した功績は大きい。昭和37年 斎藤茂吉の歌碑建立については建立委員長として活躍した。昭和45年歿す。享年70歳。

  • 原ケサクリ

       明治35年〜平成7年(1903〜1995年)俳人  明治35年旧南山村にて出生。原家に嫁ぎ、農業に従事。63歳の時、短詩型文学に目覚め、古湯の俳人副田萍泉先生に師事し、俳句の勉強を始む。 作句2600、句会特選数回、入選数回。昭和52年句集「山里」を出版。 平成7年93歳にて没す。

  • 吉浦史郎

       明治40年〜昭和58年(1907〜1983年)歌人  明治40年旧北山村下合瀬で出生。本名爲作。史郎はペンネームである。15歳で肢体の自由を失い、76歳の生涯を閉じるまで61年間の不自由な生活を続けた。その間読書に親しみ、短歌を愛し、歌誌「アララギ」でも上位にランクされていた。詠草数千首。特に中島哀浪(歌人)との交友はむつまじく、まさに親友であり、心の友であった。昭和49年歌集「撫山集」を出版した。哀浪が命名し...

  • 森平太郎

       明治2年〜昭和21年(1869〜1946年)実業家  旧川上村に生まれ、幼にして旧北山村古場の叔父森源兵衛の養子となる。明治28年台湾に渡り饅頭造り、キャラメル店員など苦労して、台北にて菓子店を開きその後、株式会社を設立し、「新高キャラメル」や「新高ドロップス」等を製造販売する。東京、大阪、大連に各工場、支店を設ける。昭和8年、北山小学校に講堂一棟工事関係一切を建築し寄附する。(森の頌徳碑は森源兵衛の名...

  • 津野喜七

       明治29年〜昭和22年(1896〜1947年)実業家  明治29年 旧北山村下無津呂にて出生。本名は無津呂半三、東京帝大農学部を卒業して、福島県郡山市の津野家の養子となり、津野半三が本名、襲名して津野喜七となる。津野百貨店の社長となり、昭和2年郡山市議会議員に当選し、7年には推されて市議会議長の要職に就く。一方、県農業会副会長に就任し、郡山市の政治、商業、農業等広範囲な方面に活躍した。21年、市民の信望を一...

  • 八段音三

       明治32年〜昭和45年(1899〜1970年)実業家  八段音三は、明治32年7月29日旧北山村大串にて出生、大正7年3月朝鮮に渡り、逓信局及び営林署に22年6ヵ月勤務し、昭和15年8月、朝鮮合同木材株式会社に転職重役として活躍、後同会社を解散し、更に北鮮合同木材株式会社を設立、重役として社運の発展に寄与し、当時、大東亜戦争中のこと故、故郷の北山小学校にも科学教育等も必要であろうと考慮、昭和19年2月11日、金壱万円(...

  • 陣内勝市

       明治34年〜昭和54年(1901〜1979年)実業家 明治34年旧南山村下熊川に生まる。中学(現高校)課程を通信教育で学び、上京して東京電気学校高等科(現東京電気大学)をトップで卒業。大正12年陸軍に入隊し除隊後15年逓信省電気試験所の第一種試験の難関をパス。昭和16年豊国電機工業株式会社常務取締役に、18年代表取締役社長に就任する。 東京電気大学学賓、全日本学士会名誉会員等をはじめ、顧問、相談役、理事長、区議...

  • 大塚正善

       大正4年〜平成9年 (1915〜1997年)国家公務員・実業家  大正4年旧南山村古湯で出生。昭和14年高等文官試験(行政科)合格、15年3月東京帝大法学部政治学科卒業恩賜の銀時計拝受。15年4月内務省採用、9月海軍主計中尉に任官、17年5月海軍主計大尉に昇任、元山海軍航空隊副官兼主計長。20年5月海軍主計少佐、9月復員。12月厚生事務官、23年5月警視庁警視に任命、28年岩手県警本部長、30年熊本県警本部長、32年中国管区警...

  • 陣内味不味

       元治元年~昭和7年(1864~1933年)医師・軍医・校医  元治元年(1864年)小城郡旧北山村中原に生まれ、伯父である大野区長上滝空蝉の私塾に学ぶ。後、熊本医学校に学び同校を卒業し、上京して医療に従事する。明治20年代に佐賀に帰り、大串、東松浦郡相知(現相知町)、古湯、大野で開業、明治44年中原(現在の富士町公民館の所在地)に開業して名医の評判高く、佐賀市や唐津市等からも患者が来た。「医は仁術」を実践し、...

[最初] ....123 | 4 | 56....[最後]
総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl