検索結果

「三瀬村」「産業」「道具」は27件登録されています。

  • 穀物のから、ごみなどをあおって取り除く。(唐箕は能率を向上)

  • 株切り

    小型の厚い鉄鍬で、稲株を切り取って病害を防いだ。

  • 唐鍬、三叉鍬

    田畑の打ちおこし、土塊(くれ)割り等。

  • 筵(むしろ)

    穀類の日先乾燥用(自給自足が多い)。

  • 叺(かます)

    藁筵を折ってとじた、穀類を入れる袋。

  • 深田打

    湿田(深田)打ちおこし用の四ッ叉鍬。

  • ふりい、しいの

    穀類選別用で、箕と併用。

  • 屋根葺き道具

    屋根葺き道具は専門職以外の農家においても、手間返し、加勢、もやい或いは自家修理用として、ハサミ、コテ、カマ等を所有していた。 昔、物知りの古老が ″やしき7軒、家葺(えぶき)に、馬喰(ばくりゅう)、百姓、筵織り、医者坊主〟と自作の都々逸を酒席で歌っていた。

  • 鉈、鋸、斧

    林野の手入れ、薪取り、炭焼等樹木の大小、山仕事の種別に応じ使用。(近代は鋸が機械化されたチエンソーを使用)

  • だつあみ

    炭俵(だつ)をあむ道具で、又木を両端に立てて台にし、刻みを入れた木を渡し丸太を短く切って縄をまいたこま(こもつくろ)を8箇取りつける。

総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl