検索結果

[佐賀市][日新校区][神社仏閣][神社]は4件登録されています。

  • 護国神社

     戊辰戦争で戦死した佐賀藩兵78柱を祀るため、鍋島直正の意を受けた、その子直大が1870年(明治3年)に建立した神社です。その後、たびたびの戦役事変による戦病没者の霊を順次合祀して、今日では3万5千5百余柱の多きに達しています。毎年春秋の2回、全県の遺族を招き大祭が行われています。  この神社の太鼓橋のかかっているところは、昔は石井樋からの船下りの終着場としてにぎわったところで、現在は夏休み中、水遊び場...

  • 北面天満宮

     穀物座、縫工座、煙硝座、木工座、金銀座、鉄砲座の六つの座で構成されたところから名のついた六座町。この町の守護神が北面天満宮です。 入口にある肥前鳥居には1658年(明暦4年)の銘がみえます。棟門には水神の河童の木像が掲げられていますが、川に子どもが落ちて、おぼれているのをこの河童が飛び込んで助けたということで、それ以来、河童は棟門の上から下の流れを見下ろして番をするようになり、川に落ち込む子ども...

  • 道祖神社

     祭神は、猿田彦神で交通神として知られています。与賀神社の末社で、与賀神社参道のこの地に古くから鎮座されていたと伝えられています。  この社は、1964年(昭和39年)道祖神1400年祭を施行した古い歴史をもっています。

  • 伊勢神社

     慶長8年(1603)鍋島町蛎久にあった伊勢大神宮の分霊を勧請してこの地に創建された。  藩祖鍋島直茂夫妻がこの社に参詣して長子勝茂(幼名伊勢松)の誕生をみたからと伝えられている。伊勢町の名はこの神社からとられたもので、ここの門前には江戸時代多くの旅篭屋があり、いまでもその面影を町並に残している。  伊勢大神宮の御分霊を勧請することは許されないことであるが、杉野隼人という人が戦国時代に、53回もお伊勢...

総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl