検索結果

[佐賀市][兵庫校区][神社仏閣][神社]は6件登録されています。

  • お宮(6か所)

    東渕地区にはお宮が6か所もある。 空閑天満宮、牟田口天満宮、庚申社、養父社、熊野稲荷神社、明護院とそれぞれに氏子がいて、現在もお祭りの時にはそれぞれのしきたりで神事が行われている。わずか70戸余りの地区に6か所もお宮が祀ってあるというのはどういう理由からだろうか。

  • 天満神社と牛島教正 

    近衛天皇の仁平元年(1151)菅原道真の末孫、牛島教正は養父郡山浦郷古野と巨勢庄牛島村を領有し、牛島の地に館を構えた。 佐賀市東田代町の天満宮を始め、この地方の祖神として所々に鎮護の神として祀らせた。今日兵庫町に天満神社が多いのもこの理由によるものだろう。 明治以後、巨勢川西地区の天満宮は西中野天満宮に、東地区は伊賀屋天満宮か若宮の老松神社にほとんど合祀されて減少したが、各地区に今なお神社や神社跡が残...

  • 伊賀屋天満宮

    祭神 菅原道真 天照大神 伊弉諾命 大綿津見命 加藤清正 由緒 当社創立の年月は不明であるが、社殿棟木に「延宝八年(1680)鍋島大和守藤原直氏再興」とあり、ひさしの下棟には「宝暦七年(1757)鍋島山城守願主となって再興する」と註記され、その創始はそれ以前である。昔から文教の神、また五穀豊作、雨乞いの神として巨勢郷各地区よりの参詣者も多かった。干ばつには祭神を有明沖にお下し申し、浮立を奉納して降雨を祈った...

  • 西中野天満宮

    祭神 菅原道真 大綿津見命 天香具山神 多岐津姫命 天御中主命 由緒 中佐賀崇廟中野村鎮守天満宮の由緒書きの中から要点をあげると、昔は1町歩の境内で、四方に大堀があった。これは中野氏か、下村氏の館もしくは出城ではなかったかと伝えられている。松、杉、樫などの大木が生い茂り、中野、下村両家の崇廟であるという石の祠があった。 龍造寺隆信、鍋島直茂らの尊信ははなはだ厚く、永禄6年(1563)当社を再建した。そ...

  • 老松神社その1

    祭神 菅原道真の室 由緒 巨勢神社の由緒記によると、源頼朝が家来を諸国の地頭に任じていた頃、建久5年(1194)武蔵国7党の随一であった児玉党の宗家である参河守俊治がこの地方に下向して、本城を牟田に築き、故国の氏神であった老松大明神を勧請し、巨勢庄500余町の崇廟とあがめた。なお老松明神の他に、淀姫大明神、天満宮、乙宮大明神をあがめたので4社の明神ともいった。その後、花園法皇の延慶年中、立川阿波守一族が...

  • 老松神社その2

    鎭西肥前國巨勢の庄、鎭守宗廟老松神社鎭座の由来を尋るに源頼朝公諸國に地頭を兼ね給ひ後鳥羽院の御宇、建久5年(1194)甲寅にあたり武蔵の國児玉○の宗士参河守俊治筑紫肥陽の地を領し此地に下向あり、巨勢10名又は5名とて巨勢、池田、真崎、宮崎、千住、牟田口、井原、松永、播、江副、奥曽、公門、近藤、田所等の家臣を連れ、本城を牟田と云ふ所に築き、武蔵の巨勢野に准へて巨勢と号せられ、故國の氏神、老松神社を瓦町の本...

総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl