検索結果

[佐賀市][本庄校区][神社仏閣][寺]は21件登録されています。

  • 鹿子の寺院今昔

    昔から鹿の子の7か寺、七天神と言い伝えられて来たが、天明年間の絵図によると、鹿子上区に慶誾寺、福林寺、明徳院、高林寺、鹿子下区に松林庵、清龍庵、高岳院、龍昌寺、善長寺の9か寺が記されている。 昭和17年の各寺院規則認可申請によると現在と同じ、慶誾寺、福林寺の2か寺となり、「廃止佛堂跡届」が慶誾寺住職関久銀峰師より、当時の本庄村村長西原操氏に提出されたのを参考のため記す。 「字鹿子上下区佛堂跡御届」 ...

  • 上飯盛の寺院

    「飯盛七か寺」と言って石井家後代の石井七兄弟が1か寺ずつ開基したので寺が多い。天明年間の絵図によると法陽寺、法伝寺、本能寺、地福寺、光日寺、正福寺、善重寺、光明庵、明王院と、現在残っている常照院、淨円寺、妙玉寺が記載されている。 以上の12か寺の宗派は、日蓮宗である。日蓮宗は、肥前の地においては、小城を中心に、源頼朝の宿臣千葉常胤の裔千葉氏及びその一族宿臣等によって、地盤をつくった。上飯盛の寺院も...

  • 梅林寺(庵)

    梅林寺は曹洞宗で不動明王を本尊とし、高傳寺の末寺で第5世泰応和尚の建立である。 梅林寺は天正年中(1573〜1591)鍋島直茂公が御開基建立す。御本尊は不動明王で秘仏(開帳のときしか拝ませない仏像)である。寺領4石8斗6升9合御寄附になり、正徳2年(1712)9月14日為理性院様(俗名、伊勢峯様)菩提寺とす。 吉茂公より寺領米5石1斗3合1勺御寄附になり、寺領米は合わせて10石御印がある。

  • 高傳寺

    高傳寺は慧日山と号し、曹洞宗で天文21年(1552)鍋島駿河守清房公の建立になるものである。これは清房公(直茂公の父)の父君平右衛門清久公が毎月朔日丑の刻に本荘の宮に参詣されていたが、ある日本荘明神が出現し給い「嫡子清房を以て本願主となし、高傳寺の勝地を禅宗と改め、薬師仏三尊(往代薬師如来の脇侍、観音菩薩、勢至菩薩であったが、普通薬師仏の脇侍は日光菩薩、月光菩薩でこれを三尊仏と言う)を崇めよ、しからば...

  • 高傳寺開山堂

    寺で最古の建物。堂内中央に2代藩主鍋島光茂の持仏であった七体観世音菩薩を祀り、その右に道元禪師、左に開山の玲巌和尚の彩色木像が祀られている。また、歴代住職の位牌のほか戦国時代からの戦ごとの戦死者の合同位牌、殉死者の位牌も祀られている。 江副金兵衛が刻んだ自像も安置されている。

  • 善應庵

    曹洞宗で本尊は観世音菩薩で高傳寺の末寺である。 善應庵は光茂公が、左内様(光茂公の子6歳で早世)のお部屋をそっくり移され、お子様の菩提を弔うために、寺として建立され、寺号を移されたものと言われる。 延宝7年(1679)12月10日寺号の移しを仰せつけられ、円通院様(左内様)のお部屋を客殿に建てられた。元禄2年(1689)9月16日円通院様ご開基に仰せつけられ、寺領給米12石をご寄進のご印を差し出された。 元禄2年(168...

  • 本荘院

    天台宗で、本尊は慈恵大師で、境内仏堂観音堂に、十一面観世音菩薩を安置す。 本寺は、京都市東山区粟田口の青蓮院である。宝物として、慈恵大師画像掛軸一幅で慈恵大師鏡影自筆で日本三幅の内の一幅である。鍋島家の祈願寺院として、鍋島勝茂(初代)が再建し、昭和初年までは本堂は瓦葺平屋63坪の広大な建物であった。 4代吉茂の代に方除で有名な、元三大師御自筆の尊像を勧請して祈願されたところ、その霊験あらたかなるを...

  • 東光寺

    曹洞宗、瑠璃山東光寺は鍋島清房(直茂の父)が、本庄村の千本松の館に在住の際、薬師如来及び、日月両天子の十二神を安置した観音堂を建立して、高傳寺の亀雲厖鑑和尚を招いて開山とし、毎年年始に参詣祈?祭を執行した。以来直茂、勝茂、忠直、光茂、綱茂の各藩主の崇敬が厚く、直茂の時代に新たに、薬師堂及び厨子1基を建造した。 元和3年(1617)に至り、天林院(直茂の息女)、福壽院(多久長門守室)、長壽院(諫早石見守...

  • 観音寺

    本庄小学校の南に大内旗山観音寺が建っている。本尊は行基の作と伝えられる如意輪観世音菩薩であり、宗龍寺(水ヶ江)の末寺である。 本尊は子安観音とも言い、遠くから多くの人が願かけに参り、そのとき魚や鳥獣を買い取って、命を助けて逃がしてやると、願いが成就すると言われている。 「観音寺物語」 観音寺は昔正里村にあったと伝えられる説もある。時に大宰少貳と中国の大内氏と戦を交える。(應永年間(1394〜)に始まる)...

  • 瑞應寺

    瑞應寺は臨済宗で、本尊は薬師如来である。本寺は、大本山が南禅寺(京都左京区)で、小本寺は萬壽寺(佐賀市川上)である。 開山は悦翁喜禅師{文明2年(1470)10月5日示寂} 開基は龍造寺家氏公 法号 瑞應寺殿譽幸公大禅定門 延譽妙幸大禅定尼

前の10件1 | 23....[最後]
総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl