検索結果

[佐賀市][本庄校区][神社仏閣][墓]は14件登録されています。

  • 梅林寺(庵)直茂伯母夫妻の墓

    直茂(彦法師丸)の伯母夫妻の2基の墓が梅林寺墓所の東部にある。伯母於喜久(清房の姉)が久米良家に嫁ぎ、西川内に居住、梅林庵に帰依していた。彦法師丸が同寺で2年余り手習、学問に励んだことも、伯母夫妻の気遣いなどの影響からと考えられる。 「墓碑刻銘」 玉峯常金居士(正面) 久米主税助良家 天正十三年乙酉九月十八日(側面) 花屋妙春大姉(正面) 鍋嶋平右衛門尉清久公(直茂の祖父)御長女於喜久殿 天正七年巳...

  • 高傳寺湛然和尚の墓碑

    本堂南側に立ち並ぶ40基の墓は、開山・玲巌玄玻和尚を中心に両側に2代、3代、縦列両側に代々住職の墓である。ここに、『葉隠』の口述者・山本常朝が仏道の師と仰いだ11代湛然梁重和尚と常朝の刎頸の友と言われ『葉隠』の成立に大きな影響を及ぼした19代絶学了為和尚の墓がある。 [参考] 湛然梁重和尚:元々肥前の生まれで、三河国の寺にいた湛然和尚を武雄出身の名僧月舟和尚の推薦で高傳寺11代住職に就いた。楊柳寺(西与賀...

  • 高傳寺近親者の墓

    御位牌所北側に藩主達の主な近親者の墓を集めた墓所がある。藩祖・鍋島直茂の祖父・鍋島清久、同父・清房、龍造寺隆信の母で、直茂の父清房に再嫁し、直茂の継母となった慶誾尼ほかの墓がある。

  • 高傳寺龍造寺一門と秀の前(波多三河守親の妻)の墓

    墓所北部一画に龍造寺一門の墓が並んでいる。これは天文14年(1545)、少貳勢に謀られ、川上與止日女社で、龍造寺家純、家門、純家、祇園原(神埼町)で周家、頼純、家泰の6人が戦死し、龍造寺家壊滅の危機となった出来事があった。この6人の墓が建っている。 同じ区画に静室妙安大姉と刻まれた秀の前の墓がある。秀の前は、龍造寺隆信の養女(実は龍造寺胤栄の女)で、初め蓮池の小田鎮光に嫁し、後、松浦岸岳城主波多三河守親...

  • 高傳寺枝吉神陽の墓

    枝吉神陽は枝吉南濠の長子で、副島種臣の兄である。通称は杢之助、字は世徳、神陽と号され、文久2年(1862)8月41歳で死去された。神陽は容貌魁異、眼光けいけいとして人を射て、音吐鐘の如く、加うるに健脚比なく1日に能く20里を踏破されたそうである。 神陽は始め、父南濠と夏秋富雅に学び、後江戸昌平黌に入り、帰国後藩学教諭となられた。神陽は早くから勤王の大義を唱え「普天の下率士の濱天臣に非ざる者なし。君臣の様は...

  • 高傳寺副島種臣の墓

    副島種臣は文政11年(1814)9月9日佐賀市赤松町にて生れる。枝吉南濠の二男で、神陽の弟である。幼名を二郎といっていた。 種臣が32歳の時副島利忠の養子となられ、副島姓を名乗られた。 種臣が後世に名をなしたのは、実に勤王家石井松堂の薫陶のしからしめたものである。種臣は蒼海・一々学人の号があり、学問該博、識見高邁、詩文に巧みで、明治天皇の侍講となられた。書は六朝を研究して妙を得、書聖中林梧竹翁と親交があり...

  • 高傳寺家永恭種の墓

    家永は弘化元年(1844)佐賀に生る。通称を範之助、嘯倣と号す。早くから文武両道に達せられて維新の際参謀となって、奥羽戦争に従軍され功労があった。 佐賀県参事、水戸裁判所長などを歴任、明治7年佐賀戦争後大いに地方の衰退を慨嘆し、官を辞して帰国され、松風社、戊寅義学を起して佐賀の民風を振興する事に努力された。殊に佐賀取引所の創立等に力を尽くし、その他色々世の為に貢献された人である。 また、明治22年(1889)...

  • 瑞應寺福地吉左衛門の墓

    名は貞長、六郎右衛門家定の嫡子で、有馬の陣に従軍し、戦功があった。墓が瑞應寺にある。 寛文3年(1663)12月21日没。法名功翁道績。妻は鍋島孫左衛門の娘で、寛文12年(1672)7月24日没。 法名 善慶妙霊

  • 大應寺比翼塚

    佐賀市北川副町大應寺境内には軍国比翼塚と江副次郎、江副美子さんの二つの墓が建っている。 今は語る人々もなくひっそりと八田江の流れを背に寄り添っている。 次郎さんは元本庄村長の江副九郎氏の二男で、早稲田大学高等学院卒業後昭和11年4月入隊、その後中支江南の流洞橋の激戦に参加し惜しくも戦死をとげた。 美子さんは井上作次郎氏の三女で、次郎さんとはいとこにあたり婚約者であった。 昭和13年4月13日に次郎...

  • 西光寺重松基吉の墓

    西光寺に重松基吉が葬られ、その墓があります。基吉は、佐賀の七賢人の一人島義勇の弟です。藩校弘道館で学び、藩主閑叟公に重用されて上佐賀代官、横辺田代官から、江戸藩邸の公用人となりましたが、明治維新後は無役となり、明治7年(1874)に起きた佐賀戦争では、兄義勇、弟副島義高と共に憂国党の幹部として活動しました。佐賀戦争では政府軍に敗れて、2月13日、中川義純と佐賀を脱出し鹿児島に潜行したが捕縛。佐賀で臨時...

前の10件1 | 2....[最後]
総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl