検索結果

[佐賀市][勧興校区][神社仏閣][寺]は4件登録されています。

  • 高寺

    正しくは臨済宗寺院「瑞石山龍造寺」といい、和銅4年(711)に行基が十一面観音像を作し、建立したと伝えられる臨済宗寺院。 慶長年間に龍造寺八幡宮とともに現在地に移された。 もとは龍造寺村(現城内)の高台にあり、遠く有明海からも望まれるほどだったので高寺と呼ばれていた。 天井絵の龍が毎晩抜け出して境内の池の水を飲むので和尚の法力により画中に帰した。 その時わざとウロコを一枚落としたため、その後は外へ出る...

  • 西峰院

    勧興校区の西に「西大島町区」があり、その中心に位置するように「西峰院」がある。 まわりを堀や水路が取り囲み、まさしく、島のようである。 ここ「西峰院」には、「酒呑地蔵」の名で親しまれるお地蔵様があり、安産や目の病気を治すとして祈願する人が今でも大勢訪れる。

  • 称念寺の赤門

    佐賀市白山にある称念寺には、りっぱな赤門がある。 左右には、「阿吽の像」もある。

  • 鏡圓寺

     唐人町の鏡圓寺(浄土宗)は、唐人町の始祖、李宗歓一族及び鍋島更紗の創始者、九山道清の菩提寺である。  李宗歓は、天正15年(1587)郷里(現朝鮮民主主義人民共和国)の海岸で舟遊びに興じていた折、突然の旋風により船が破損し、日本(現北九州市)に流れ着いた。天正19年(1591)、大宰府にて鍋島藩家臣龍造寺家晴と成富兵庫茂安と出会い、これをきっかけに佐賀城下へ赴いたところ、藩主鍋島直茂にその才を見込まれ、重...

総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl