検索結果

[佐賀市][循誘校区][建造物][銀行]は4件登録されています。

  • 西肥銀行

     馬責馬場の凌皮膚科東側角に現在福島薬局があるが、昔の西肥銀行の面影はなく写真のように『明治橋』が昔日の銀行を偲ぶのみである。  また、すぐ北則の『明治橋』は、明治37年10月佐賀馬鉄がここを起点として諸富まで、はじめて走ったところで、また、ここから近くの南には、佐賀米穀取引所もあって大変賑わっていた。西肥銀行は、米麦取引業者を中心に融資していた米穀金融会社の一つであって、大正5年9月、久保田の大地主...

  • 佐賀百六銀行

     明治9年の国立銀行条例の改正後、各地に国立銀行設立の気運が強くなった。鍋島家東京本邸でも深川亮蔵が中心になって設立計画が進められ、明治10年12月には県出身の士族有志が資本を拠出し、東京第三十国立銀行が設立された。深川亮蔵はこれと並行して、佐賀鍋島家にはたらきかけ、佐賀県にも銀行設立を企図した。  明治10年6月、設立趣意書を各方面に配布すると同時に、水ケ江の宗龍寺に創立事務所を設け、出資金を募集した...

  • 肥前銀行

    佐賀・柳河両藩の御用商人で、かたわら酒造業、両替業を営む県下屈指の富豪で、『金善』の屋号で知られていた弥富寛一およびその一族によって、大正4年5月27日資本金50万円で設立し、川副町早津江に本店を置いた。  大正6年2月1日呉服町に佐賀支店を開設した。大正9年2月1日に佐賀支店を本店とし、旧本店を早津江支店に変更し、その後神野に出張所を設けるなど営業基盤の重点を佐賀市に移し始めた。  米麦取り引き業者を中心...

  • 佐賀中央銀行

     現在、旧佐賀銀行呉服町支店となっていたところは、かつて、昔ここにあった佐賀中央銀行と、現在佐賀銀行本店のあるところに佐賀興業銀行本店があったが、この県内を二分していた両銀行が、昭和30年7月11日歴史的大合併をしてここに佐賀銀行が誕生した。佐賀中央銀行は、唐津銀行と西海商業銀行とが昭和6年8月に合併して、新しく誕生した銀行である。明治18年10月、佐賀市柳町に本店のある三省銀行は、唐津支店の営業を譲り受...

総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl