検索結果

[佐賀市][本庄校区][建造物][碑]は4件登録されています。

  • 本庄小学校忠魂碑

    本庄小学校校庭の南に2基の石碑が建っている。昔は東に建っていたが、戦後現在地に移転された。 表面「忠魂碑」と東郷平八郎元帥の書によるものが刻まれている。 本碑建設発起人は 本庄村長 三好 勝一 本庄小学校長 香月 清次 ほか当時の各区の代表が名を連ねている。 「本庄村関係戦没者」 戊辰之役戦没者 野口 孫太夫 霊   西南戦争戦没者 川谷 次吉 霊 ほか210余柱の英霊顕彰の碑である。 本庄町では、毎年5月...

  • 中野實翁頌徳碑

    忠魂碑の右に同形の石碑が建っていた。これが中野實翁の頌徳碑である。 同碑文下記の通りである。 「起身於乏○作○富非発憤努力者則不能也。富抛資於公共非趨義竭誠者、則不能也。有能成之者、中野實君之也。君安政元年生于本荘村上飯盛、明治十年熊本鎮台徴丁壮、君応徴入営、能府軍紀勉其職、以養志氣矣。任満而帰也。志商業到琉球視糖○○○○購砂粕○和船数隻鬻之于大阪。又自往為菓商得巨利。君殖貨漸多營業愈盛、而其名亦顕于阪...

  • 中野實翁誕生地

    上飯盛の南端を東西に県道相応津から諸富線の道路沿いの松の木立ちの中に、中野實翁の誕生地の記念碑が建っている。 この記念碑は大正11年(1922)3月に建立された。当時老朽化した本荘尋常高等小学校の改築問題で、財政的に貧困の極みにあった当時の本荘村に、中野實翁が、その時の金で大枚5萬円也の寄付を申し出られ、それにより講堂、校舎を新築することが出来た。本庄村民は翁の功徳を称えて、本庄小学校校庭の一隅に、中野...

  • 胞衣塚と久納屋敷

    直茂公の誕生地に胞衣塚がある。その横に日子神社が祀ってある。 胞衣塚より東南に北古賀邸があり、その屋敷の南東に久納屋敷といって2本の巨松が茂る(今は枯れて無し)付近が、直茂公誕生の際不浄物を洗った場所でその後耕作を禁止した。 なお胞衣塚畔の堤家は、先祖の堤与一左衛門貞清の室が鍋島清久の末女(円照妙圓大姉)で、この縁故によって代々御番役をつとめた。

総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl