検索結果

[佐賀市][勧興校区][建造物][橋・井樋等]は30件登録されています。

  • 善左衛門井樋

    橋ではなく、多布施川にはこうした「井樋」が数多くあり、細かな水路への水取入れ口になっている。 昔は木製でしたが、段々と鋼鉄製の巻上げ式に変わってきている。

  • ポンポン井樋

    佐賀の人は、親しみをこめて「ポンポン井樋」と呼ぶ。 サイフォンの原理を用いた構造の井樋で水が流入吐出する際に音をポンポンと発することからであろう。 多布施川より松原川への取水の井樋の事で、以前は常に流れが渦を巻き、子供達の格好の遊び場所であった。ここから取り入れられた流れは、今では鯉が泳ぐきれいな川となり、松原神社北を憩いの場の水系としている。

  • 楠公橋(なんこうばし)

    「楠公橋」は、勧興公民館の南を流れる十間堀川に架かる橋でその名は楠神社にちなんでつけられたものである。 明治3年の架設で社寺を除くと公道に架かる橋では、市内では最古のものであろう。 この橋が架かった三年後の明治6年に、楠神社から西に伸びる道が「楠公通り」と命名された。 又、ハローワークに通じる処にも「楠公橋」があるがこちらは昭和42年とだいぶ後に架けられたものである。

  • 御幸橋(みゆきばし)

    唐人町土橋横から県庁通りに入る場所に架かる橋。 明治35年、明治天皇統監の陸軍大演習が熊本地方で行われた。その帰途、天皇陛下を佐賀にお立ち寄り下さるよう大隈重信を通して運動したが成らず、ご名代として小松宮彰仁殿下がお越しになられた。 殿下は、その年の11月に佐賀駅到着の後、竣工したてのこの橋を通られ、県庁の行在所に入られた。殿下がお通りになるため「御幸橋」と名づけられたものである。 当時の「親柱」が龍...

  • 聖堂橋   れんさい橋

    愛敬島4号水賂の十間堀川への注ぎ口に架かる橋。 その名は、大財村にあった「大財聖堂」にちなんでいる。 元禄5年(1692)、儒学者武富廉斎は、私財を投じ邸内に広さ約千四百坪の聖堂を完成させた。 武富廉斎は、享保3年(1718)正月26日没、享年82歳であった。 墓は始め聖堂内の一角にあったが宅地整理の為、呉服元町の称念寺に移された。 また、聖堂跡地の少し北側に廉斎の名を偲ぶ「れんさい橋」もある。

  • 明十三(あけとみ)橋

    橋の親柱にかすかに「明十三橋」と刻んである。 明治13年、架設時の佐賀郡長武富良橘の命名による。 佐賀白山の豪商、武富家は明人十三官を祖としその一族は、白山町や勢屯(せいだまる)町、大財村に居住した。 「大財聖堂」を建立した武富廉斎は、中国の明時代内乱を避けて室町末期の日本に亡命した十三官の曾孫である。

  • 善左衛門橋(ぜんじゃあばし)

    善左衛門橋(ぜんじゃあばし)(明治33年6月) 護国神社境内の北西隅に隣接して、多布施川に架かる長さ8メートルの石橋。明治式の低い欄干。現在も橋桁の上に渡した橋板の石組が露れている。以前は土橋で洪水の度毎に流された。住民が石橋への架け替えを藩に願い出たが許されず、伊勢町に住む宇野善左衛門が見かねて私財を以って架橋することを条件に藩の許可を得た。彼は橋づくりの専門、橋の土台に直径約40センチの松の...

  • 西峯院橋の親柱

    「西峰院西橋」を渡ると次に橋がかかっていてその傍らに、「西峯院橋」という親柱が倒れている。その為、地図を見ると、この橋が「西峰院橋」という表記がある。 本来の「西峰院橋」は、紡績通りに架かる橋であったが道路拡張工事の為、この親柱だけがこの場所に移転されたものである。 現在、紡績通りの「西峰院橋」にはきちんとした表示がない。

  • 大島橋

    成章中学校の北門西に架かる橋。 親柱の造りは、同年代(1950年)の六反田橋に似ている。

  • 二本松橋

    唐人神社西側にある橋で架設は、昭和10年とかなり古い橋。 昭和9年には、成章中学校の「校南橋」なども建設されていて全体的な造りも同じような感じ。

前の10件1 | 23....[最後]
総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl