検索結果

[佐賀市][日新校区][遺跡・史跡・跡地][跡地]は6件登録されています。

  • 江藤新平の誕生地

     八戸の街道から北へ100mほど入った所に、江藤新平の誕生地があります。  1834年(天保5年)2月9日ここで生まれた江藤新平は、11歳の時に藩校弘道館に入学し、19歳の時には副島種臣の兄、枝吉神陽(えだよししんよう)のもとで学びました。明治新政府の初代司法卿(しほうきょう)となり多くの業績を残しましたが、「佐賀戦争」を起こし敗北、1874年(明治7年)に処刑されました。

  • 名刀肥前忠吉屋敷跡

     慶長(1597年頃)のはじめ、佐賀郡長瀬村の鍛冶職人、忠吉は、藩主直茂に見いだされ京都に上り、刀鍛冶、埋忠明寿に師事、3年の歳月を費やして腕を磨いて帰国し、鍛冶場をつくりました。  当時、六座町より西は町名がなかったので、長瀬村からとって長瀬町と名付けたといわれています。  刀匠忠吉一門は9代まで継承され、見事な肥前刀を生み出しました。その面影を残すものは今は何もありませんが、「刀匠近江屋敷跡」「...

  • 近江屋敷跡

     桃山時代末期の刀匠である肥前忠吉は、龍造寺隆信の家臣橋本道弘の子として生まれ、その系譜は江戸時代に入り幕末に至るまで、いずれも名工の名を残し、数多くの名刀を世に出したことで知られている。  初代武蔵大掾(だいじょう)忠吉のほか、2代近江大掾藤原忠広、3代陸奥守忠吉、8代忠吉等が特に著名である。  忠吉一門は、長瀬町5−41(現在橋本正敏氏宅一帯であり、橋本家は忠吉の子孫である)に屋敷を構えていたが、...

  • 精煉方跡

     佐賀藩主鍋島直正の命により設置された精煉方は、明治維新後、ガラス製造部門が青木熊吉によって引き継がれ、精煉社、精煉合資会社と名前が変わった。  敷地内は、現在も青木家が居住し、昔を忍ぶ人は通称ここを「精煉社」と呼んでいる。そもそも精煉方は、直正の時、産業拡大を目的として設置された理化学研究所であり、その活動はめざましいものであった。ここで蒸気汽鑵、電信機械等が研究され、汽車、蒸気船、電信機等の...

  • 多布施反射炉跡

     佐賀市伊勢町㈱ミゾタ北側敷地一帯を言う。嘉永6年(1853)6月、米艦が浦賀に来航し通商を迫ったので、徳川幕府では大いにおどろき、日本の国防について種々評議の上幕府の阿部閣老より、同年9月3日に佐賀鍋島藩に命令書が下された。その内容は、鉄製36ポンドカノン(大砲)25門、24ポンドカノン(大砲)25門、及びそれを乗せる車台50台を注文したものである。  そこで佐賀藩では長瀬町の築地(ついぢ)の反射炉だけでは狭...

  • 八戸城跡

     八戸1丁目にある龍雲寺一帯は、室町時代八戸一帯に勢力を誇っていた豪族於保氏(のち八戸氏と改める)の居館跡である。  於保氏は鎌倉時代から戦国時代にかけての武将である。高木宗家の弟益田家綱の子、宗益が佐嘉郡於保(現在佐賀市大和町)に住し、子孫もこの地に居住したため於保氏と称した。宗益の子宗高は京都大番役を勤め、その子種宗も肥前国執行職についており、鎌倉幕府の御家人として、文治年間(1185〜1190)ご...

総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl