検索結果

[佐賀市][赤松校区][遺跡・史跡・跡地][跡地]は5件登録されています。

  • 山本常朝誕生地

    中の橋小路、水ヶ江大通り、角の野田金物店から東に入って4軒目、戦前、県立病院臼井鉄治院長が開業していた臼井病院跡地に「葉隠口述者山本常朝誕生地」の石の標柱が立っている。 山本常朝は万治2年(1659)中野神右衛門重澄の三男としてこの地に生まれた。重澄は承応3年(1654)有田代官を辞任して64歳で佐賀に戻り、この地に住んで本藩に仕え、万治元年(1658)隠居が認められたのは4年後69歳のときであった。常朝はその翌年、重澄...

  • 鬼丸聖堂跡

    佐賀藩2代藩主光茂元禄4年(1691)佐賀二の丸に設立。元禄10年(1697)3代藩主綱茂二の丸聖堂を観頤荘内に移転する。当時佐賀藩の学問の中心であった。弘化3年(1846)10代藩主直正(閑叟)聖堂は弘道館に移される。広壮な観頤荘もいつとなく廃滅し何ひとつ名ごりをとどめていない。ただ広大な庭園は観頤荘の図によって当時をしのぶのみとなり、鬼丸聖堂は講堂「天縦殿」の額や孔子をはじめとする三聖像などが現在佐賀県立博物館に保...

  • 水ヶ江城

    第14代龍造寺康家が村中城を次男の家和にゆずって水ヶ江に隠居し館を設けた。更に分家筋の家兼(剛忠)にゆずった。家兼は龍造寺氏の守りを強化するために城を築く。それが水ヶ江城である。このことは大内氏・大友氏の攻撃に備えるためだったと思われる。家兼(剛忠)は戦国武将として活躍し、分家が本家村中城をしのいだという。龍造寺隆信はこの地でうまれた。

  • 古賀忠雄誕生地

     古賀忠雄は、明治36年に佐賀市水ヶ江町105番地(現在の水ヶ江五丁目)に生まれている。  この地に、古賀忠雄誕生地の標柱が昭和61年3月31日に建てられている。 古賀忠雄は、幼少より図画、手工、習字などにすぐれ、附属小学校高等科を卒業後、佐賀県立有田工業学校図案絵画科入学。この間、日本画家腹巻丹丘に認められ、東京美術学校彫刻科彫塑部本科に入学。 在学中、第10回帝展の「仏心」を出品し初入選する...

  • 佐賀米穀取引所跡

     江戸時代の税の納め方は米で納めるという米納制度で、明治政府は明治6(1873)年の地租改正条例により金納制度に改められた。 そのため米穀を換金するための、米穀市場が必要となった。株式会社佐賀米穀取引所は、明治27年(1894)佐賀取引所を母体とし、佐賀市松原町に設立された。取引所の売買は、東京や大阪と同じ競り売買で行われ、米の受け渡し場所は県内各地や県外に設けられた指定倉庫とされてきた。 初めの頃は、売...

総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl