検索結果

[佐賀市][蓮池校区][自然][河川・水路]は4件登録されています。

  • あらこ

    「あらこ」は普通「荒籠」と書き、川岸に石を組んで、護岸、舟つき、流れの調整などを図る出っぱりである。筑後川などにも諸所にある。 佐賀江の記事にこれを「洗湖」と書いたのが栗山賚四郎氏にもあるが、これは佐賀江の特徴に合うと思われる。鍋島氏になってから成富兵庫によって作られたと古老たちにより言い伝えられている。 佐賀江は曲がりが多く、蒲田津橋から今宿まで直線距離5kmのところを、川は9.5km以上約2倍の長さ...

  • 城原川

    部落西端を北南に貫流する城原川は、従来川幅が狭く毎年の雨期には、上流の堤防が決潰し大きな被害を出していたので、昭和28年より幅員を約3倍にする改修工事が始まり、昭和33年に完成した。 この川は昔は新宿橋下より乙南里〜姉〜境原を経て川崎の上流にて中地江に通じた留浪川が本流であった。その後新宿より下流は新しく掘られた新川である。従って以前は古賀・枈尾は陸続きで当時の水利関係は田手川並びに中地江が利用され...

  • 蓮池(蓮堀)

    公園の池には蓮が一杯であった。夏の早朝、ポーンという大きな音をたてて蓮の花が開く。大きな葉の間の、うす紅の花の美しさは、芥川龍之介の「蜘蛛の糸」の冒頭の部分を思い出させた。また、水に映えた池畔の菖蒲の姿も忘れがたい。

  • お水堀

    水源は城原川お茶屋畑より引水してある。 下直鳥村ほか5村が姉村と水論を起こし、相応答あって1824年3月解決する。 神埼郡境原村の底樋の討議は1828年1月解決。この底樋は、郷内の6村の用水として用いる。城原川から引水した水は留浪川を通り、浜へ行き、見島のお水堀に溜まる。 このお水堀より中地川の底の下を潜って立体交差する水路がある。見島のお水堀の井ビから大橋へ。北名を西へ抜けてデンゼ橋の下からお祇園さんの...

総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl