検索結果

[佐賀市][勧興校区][人物][人物]は15件登録されています。

  • 武富 時敏

    安政2年(1855)、佐賀藩士武富良橘の長男として生まれる。始祖十三官より十世にあたり、明治14年、九州改進党を結成し明治16年県会議員に当選する。明治20年佐賀郡長となり郡の財政を改革、明治23年国会議員となる。内閣書記官長を経て、大正3年大隈重信内閣の時、大蔵、逓信両大臣を歴任した。又、佐賀県下の日刊新聞黎明期において「肥筑日報」を発行して縦横の論議を発表したことも有名である。墓は、武富廉斎と...

  • 相良 知安

    日本の医学をドイツ式に整え、現代日本医学の基礎を確立した功績者である。佐賀藩医の子として生まれ、長崎・精得館などに進み、帰国後、佐賀藩主鍋島直正の侍医となる。明治2年、鍋島直正に従い上京し、医学制度改革を命じられた。その後、従来の蘭英医学を廃し、日本はドイツ医学に依ることを主張し、その必要を説いた。

  • 久米 邦武

    天保10年(1839)、佐賀市八幡小路に生まれる。幕末、江戸にて昌平黌に学んだ後、明治維新とともに新政府に仕えた。明治4年、岩倉具視の欧米視察に同行し帰国後、「米欧回覧実記」を著した。その後「国史眼」を編集し、古文書学を樹立し、日本古代史の学問的研究に先鞭をつけた功績は大きい。佐賀市八幡小路に息子・桂一郎とともに生誕碑がある。

  • 久米 桂一郎

    慶応2年(1866)、久米邦武の長男として佐賀市八幡小路に生まれる。洋画家。 20歳でフランスに渡り、ラファエル・コランに入門する。この頃、黒田清輝と出会い.明治26年に帰国する。その後、二人は自由闊達をモットーに「白馬会」を創設した。 明治39年(1899)パリ万国博覧会に際し、鑑査官に任じられて渡仏、以後、たびたび日本美術の海外紹介に努めた。

  • 岡田 三郎助

    明治2年(1869)、佐賀市八幡小路に生まれる。幼時に上京し、旧藩主鍋島直大邸で百武兼行の油絵に接し画家を志す。明治27年、久米桂一郎が指導する天真道場に入門し、その後「白馬会」創設に加わる。同30年にフランスに渡り、ラファエル・コランに師事する。正確に絵を描き、多くの色を使った彼の絵は、世界各地で開かれる展覧会に日本を代表して出品された。昭和12年、日本で最初の文化勲章を授与される。 また、工芸美術の...

  • 山口 亮一

    明治13年に生まれ、勧興小学校より佐賀中学校へ進む。明治39年、東京美術学校・西洋画科に入学し、岡田三郎助らの教えを受け、「白馬会」に出品する。その後、帰郷し故郷の風景や花など日本画、洋画を通じみずみずしい作品を多く残す。大正2年に、久米桂一郎らと共に「佐賀美術協会」を創設し後進の育成にも力を注いだ。山口亮一旧宅は、明治初期に白石町須古から与賀町に移築されたものである。

  • 青 木 繁

    明治15年(1882)久留米市生まれ。明治の洋画壇に「彗星のごとく現れた画家」が青木繁である。明治15年、久留米に生まれ22歳で東京美術学校を卒業した。そして白馬会展に「海の幸」を出品して一躍名声を上げた。明治40年、25歳の時に久留米に帰省しその後、佐賀や小城など九州各地を放浪する。佐賀では小学校時代の恩師を訪ねたり、「西肥日報」の西英太郎の援助を受け、画展を開いたりする。その時に宿泊したのが、「旅館あ...

  • 武富 廉斎

    武富廉斎は、「明人十三官」曾孫にあたりその名は咸亮(かんりょう)と呼び、寛永14年(1637)、白山町に生まれる。幼い頃に漢学を学び、若くして京都に赴き中村愓斎(てきさい)の門に入り、帰国後「鬼丸聖堂」の創始者・実松致斎を育てた。後に、藩主鍋島綱茂公より儒学者として召し出され、大財村「大財聖堂」を建立し藩内の文教に大いに貢献した。又、諫早の慶岩寺住僧より筑紫琴を学び、京都の公家よりは琵琶を学んだ。その...

  • 大倉邦彦

    明治15年(1882)4月9日、士族江原(えはら)貞晴の次男として、佐賀県神埼郡(かんざきぐん)に生まれる。昭和46年(1971)7月25日、89歳で没する。号は、三空居士(さんくうこじ)。  明治25年(1892)勧興小学校卒業。同35年(1902)佐賀中学校卒業。明治39年(1906)、上海の東亜同文書院(とうあどうぶんしょいん)商務科を卒業後、大倉洋紙店に入社。明治45年(1912)、社長大倉文二(ぶんじ)の婿養子となり、大正9...

  • 佐藤 尚武

    佐藤 尚武は、日本の外交官・政治家。勧興小学校卒業。 林銑十郎内閣で外務大臣、戦後には参議院議長等を歴任、第二次世界大戦末期のソ連による対日宣戦布告当時の駐ソビエト連邦大使でもあった。 1933年、国際連盟でのリットン調査団による報告書の採択の際は、松岡洋右主席代表や長岡春一駐フランス大使とともに抗議の退場をした。 1931年勲一等瑞宝章。1934年旭日大綬章、没後旭日桐花大綬章を追贈される。 昭和8年(1933...

前の10件1 | 2....[最後]
総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl