検索結果

[佐賀市][西与賀校区][物語・いわれ][物語・四方山話]は16件登録されています。

  • 副島種臣ゆかりの地

    副島種臣は、文政11年(1828)9月9日佐賀藩士枝吉忠左衛門種彰(号南濠)の二男として佐賀市南堀端に生まれ、国文学者枝吉神陽の実弟で、幼名を枝吉二郎といった。 種臣31歳の時、親類の副島和忠の長女律子の入婿となる。副島家は、代々西与賀町今津江湖端に住み、種臣も青年時代の一時期当地で過ごしたと伝えられ、その後は現在漁業田中氏の乾燥工場等が建てられている。副島種臣は、明治維新の元勲として明治新政府で参議、外務...

  • 西与賀町の伝説

    全国各地に日本武尊の伝説が存在するが、熊襲征伐のくだりでこの西与賀町関連部分がある。それによると武尊は長門国より乗船し、五島、平戸を経て有明海に入り、火前(ひのまえ)の御崎(みさき・諫早の肥の御崎の説有り)に一応上陸、ここより現地の者による水先案内で、佐賀郡西与賀村の元相応あたりに上陸、そこから小津江(多布施川流域か)を遡行し「中の龍造島」に至ったという。真偽のほどはともかくとして、古代、この...

  • 中世〜近世の与賀

    古代律令制崩壊の過程で荘園が成立していく訳であるが、与賀庄として記録にあらわれるのが建長2年(1250)の『沙弥行恵家領処分状案(東福寺文書)』である。これによると、肥前国与賀庄は関白九条道家の家領であった。また、『与賀大明神御鎮座記』によれば、同年8月8日に与賀神社の鐘を鋳造し、その鋳銘に、「肥前国与賀郷庄守守洪鐘壱口 右奉為天長地久祈願円満也 殊為本家領家預所沙弥 成阿地頭豊前前司藤原朝臣資能安穏泰...

  • 野狐と白毛婆(しらがうんぼ)・白毛爺その1

    16、7からですね、私ゃかまぼこ屋でございましたが、20歳頃までかまぼこ屋しとりました。 そいで、かまぼこをいのうてなた、午前3時頃、もう、一日(ひして)過しなって。多久まで80斤(きん)から100斤いのうて、1日でかけて来て、そいぎ、ちくわとかまぼこもんのまい。そがんしていのうて卸(おろし)行きよるわけですよ。 そいけん、野狐でんなんでん出て来にゃならんばってん、ほら、朝、3時から行たてばんたぁ、そいで、帰...

  • 野狐と白毛婆(しらがうんぼ)・白毛爺その2

    そうして、向こうの丹坂(にざか)越ゆっ時は、まあーだ暗かですよ。7時までは夜は暗かった。そして、おいかぶっもんじゃいのまい。あの境に。そいぎ、暗かけんもう、午前の方におってんばい、あたしゃ越さんじゃった。よそん悪わかもんじゃっけんが、もう、 そいぎ、そいが言うことに、 「あの、お前、丹坂越えて来い」 て、また言うもんのまい。 「いんにゃあ、丹坂もう越えん。山ん先さい回っ」 て、こう言うたぎんと、そい...

  • 野狐の世間話その1

    あるところに、仕出屋ばしないよったて、魚屋でのまい。 そして、この射的道ができる前は、神埼線ができっ前は、この前ばずっといたて、久富の裏さい東向って、仕出して、車引いて帰えないよったぎぃ、若か娘のさい、二人さい、「おじさん、加勢すんのう」て言うてさい、一所懸命、ええて、加勢すってっちゃん。そいぎ、わがいっぱいつけとって、車が軽うなっけん、ホイホイホイで娘が加勢すんもんじゃい一所懸命になって昔の古...

  • 野狐のなまず

    私はのまい、あの、太かことばっかい言うばってんが、なまずのさい、人間の頭ぐりゃあいのなまずの、私が流れうけつけとったとにはいったことのある。そいも鍋島おっときくさんたぁ。 長雨(ながせ)のうち、まぁ、よぼいしぎゃ行たわけ。田ん中、あがっことしとんもんじゃのまい。そして、うけばつけとったさい、流れうけば。そいぎ、帰ぇがけ、あの、めかけぞうけば、あの、てぼに持って行たとったもん。そして、うなぎてぇろ...

  • 野狐の世間話その2

    谷口鉄工所が本当に盛んな時、私がまだ若い頃、あの、私の所は建築資材のごたっとを売いよったたんたぁ。そいぎ、あつこがレンガのいっけんちて、レンガの注文があったわけたんたぁ。 そいぎ、なんの電話はそん頃なかもんじゃい、そいぎあの、急ぐちゅうもんじゃい、そいぎ、「今のから行たて来っか」ちゅうて、私が行こうでしたぎ、そいぎ、父が、「今からもう、暗うなっけん行くな」ち。そいばってんが、気になんもんじゃい、...

  • 野狐の世間話その3

    火の玉の、ほんなこて縦の1尺ぐりゃあの火の玉に私が二十歳(はたち)頃会うたことのあっですなぁ。 町遊べ、二人(ふたい)連れ、その人もまだ生きとって。二人連れ町から12時過ぎ、あすけぇ森のあっ。森から、こう、出たところが、ここが堤防で、もう今は川の中って。こいから50mばかい行ったとこれぇ、最近まではぜの木のあったたんたぁ。その楠のほんな家の所にね、北の所に山王さんのおいなっさい。その当時。 そいぎ、二...

  • 副島種臣二郎さんの風呂入り

    古老の話に今津周辺で子どもが風呂に入りいい加減にして遊び上りよく拭きもせず着物を着ると、これを許して「二郎さんの風呂入り」といったそうである。これは副島種臣が今津に来てからの風呂入りをかく評したもので、日常生活にいかほど無頓着であったかを知ることができる。

前の10件1 | 2....[最後]
総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl