検索結果

[佐賀市][勧興校区][物語・いわれ][地名・とおり名]は8件登録されています。

  • 唐人町の由来

    唐人町の起源は、天保13年(1842)7月、御用荒物屋・川崎勘四郎が佐嘉・鍋島藩に提出した、『御用唐人町荒物唐物屋職御由緒書』にみることができる。 それによると、勘四郎の先祖で高麗人、李宗歓(りそうかん)が、唐人町の始祖である。 李宗歓は、高麗は吉州、竹浦の川崎(現、朝鮮民主主義人民共和国、吉州ではないかと思われるが定かではない)に生まれたと記されており、当地ではかなり知られた武人かつ文人であり、相当の...

  • 昭和30年・呉服町商店街

    昭和30年頃は、アーケードがなく、七夕の飾りや日傘がとてもきれい。

  • 復興通り

    昭和8年にこの付近で大火があり、多くの商店や住宅が焼失した。 その後、人々の努力により復興したので「復興通り」と言うようになった。 昭和初期までは、この界隈は「夕日町」と呼ばれていた。

  • 白山商店街(昭和31年)

    多くの店が立ち並び、のぼりや旗が掲げられ活気があった。

  • 唐人町(昭和42年頃)

    道路両脇にアーケードが完成した。 七夕飾りが大きく風になびき、梅雨の晴れ間の日差しが強かった事を思い出す。

  • 中央大通り

    佐賀市の中央を南北に走る大通り。 土橋より南が開通したのは昭和40年8月で、 この時、成章中学校のブラスバンドと勧興小学校の金管バンドもパレードに参加した。

  • すずらん通り

    「鈴蘭橋」を奥へ入ると「すずらん通り」で、 夕方になると、小料理屋さんからの美味しい香りが通り一帯に広がる。

  • 楠公通り

    楠神社から西へのびる通りで、その名も「楠公(なんこう)通り」と言う。 正面突き当たりに、「楠神社」がある。 子供の頃、勧興小学校の南にあるので「南興(なんこう)通り」と思っていた。

総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl