検索結果

「神社仏閣」「日新校区」「寺」は19件登録されています。

  • 大覚寺(浄土宗)

     門前町の中ほどにある大覚寺には、佐賀市の重要文化財である、法然上人の「末代念仏授手印(まつだいねんぶつじゅしゅいん)」と、1606年(慶長11年)天王寺絵師・宅間法眼筆の「山越しの阿弥陀如来像」の見事な仏画があります。  この寺には、幕末の勤皇の志士、中野方蔵、佐賀戦争で活躍した木原隆忠の墓があります。

  • 蓮生寺(浄土真宗)

     1597年(慶長2年)で開基は釈行善(高木宗太夫)。  宗太夫は大和町尼寺の出身で、高木肥前守と称して、鍋島藩の重臣であったとも伝わっています。ここは佐賀の鎧師であった宮田貞俊一門の墓碑があります。

  • 大運寺(浄土宗)

     1610年(慶長15年)寂譽無人上人(じゃくよ)が岸川町に建立した浄土宗のお寺です。

  • 本願院(真言宗)

     全国の大名の菩提寺が高野山にありますが、その中の鍋島坊本願院の肥前における別院として、明治の初めごろできたということです。  春、秋の彼岸には小城、佐賀、神埼、三養基を四国に見立てて88ヶ所巡りが行われますが、そのときは、肥前宗務支所となります。本堂は方(宝)形造りになっています。

  • 妙覚寺(日蓮宗)

     正式には竹原山妙覚寺といいます。1424年(応永31年)に日蓮上人の弟子「日親」が開山した寺院です。  日親は17歳で小城の松尾山光勝寺(九州探題(たんだい)千葉胤貞(たねさだ)建立、現日蓮宗九州総本山)の貫主となりましたが、小城の竹原にも説教所を設け、それが後の妙覚寺となります。さらに1791年(寛政3年)佐賀の伊勢町に堂宇(どうう)を移されました。  日親は、間もなく鎌倉に戻り、将軍足利義政から念仏宗への転派...

  • 真覚寺(浄土真宗)

     真覚寺は、純粋社(じゅんすいしゃ)塾跡と隣り合わせにあります。山門軒下に「刀匠初代肥前国忠吉(ひぜんのくにただよし)公之墓」と記した市指定史跡碑が立っています。名刀でうならせた肥前刀忠吉の2代から9代までの墓は八戸2丁目の長安寺にありますが、初代忠吉の墓のみがこの寺にあります。  また、この寺入口にある鐘楼(しょうろう)は、佐賀市の重要文化財に指定されています。

  • 天徳寺(臨済宗南禅寺派)

     天徳寺は、北面天満宮の御本地十一面観世音菩薩、不動明王、毘沙門天の三尊像を祀るために建立されたお寺です。北面天満宮と同じころ、蛎久より移されたもので、佐賀のわらべ歌にも歌われた古寺です。  墓地には、幕末シーボルトについて学んだ佐賀藩蘭学者大庭雪斎の墓があります。雪斎は弘道館の教導をし、多くの蘭学書を訳し、1873年(明治6年)69歳で没しました。

  • 妙安寺(曹洞宗)

     鍋島の初代藩主勝茂は、龍造寺胤栄の遺子「妙安尼」の数奇な身の上に同情し、五千坪の土地を寄進して妙安寺を建立しました。創立年代は、はっきりしませんが、1600年(慶長5年)前後であろうといわれています。  1871年(明治4年)鍋島直大が、各地にある龍造寺、鍋島関係の墓を菩提寺の高伝寺に移しましたが、そのとき「妙安尼」の墓も移されました。

  • 泰長院(臨済宗南禅寺派)

     1536年(天文5年)龍造寺胤久によって建立されました。三代住職の是琢は、鍋島直茂に従って朝鮮の役に従軍し、武運の祈祷や朝鮮との文書による通訳の事務を担当しました。  現在、龍造寺隆信や鍋島直茂・勝茂らの書状、文禄・慶長の役における朝鮮側諸将から鍋島直茂への書状など県重要文化財12巻105通の文書が残っています。  この他、朝鮮の役、在陣中の是琢の日記も貴重な資料として残っています。また、ここに反射炉の...

  • 水月寺(曹洞宗)

     慶長年間、鍋島直茂が坐禅堂として建立した寺院です。開山は、龍泰寺四代の天雪珠光和尚です。  境内には、『葉隠』の口述者、山本常朝の師である石田一鼎の墓や、司馬江漢などと交友の厚かった、山領梅山の墓もあります。  水月寺は、石田家累代の菩提寺ですが、一鼎は晩年、佐賀市大和町梅野字下田で暮らし、没したので、この地に埋葬され、遺髪を水月寺に葬ったものと思われます。

前の10件1 | 2....[最後]
総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl