検索結果

「神社仏閣」「赤松校区」「寺」は8件登録されています。

  • 乾亨院

    【宗派】南禅寺 臨済宗 【山号】四徳山 佐賀城本丸歴史館と城堀を隔てた南東の地点にあり、龍造寺隆信の生誕地と隣合っている。 永正年間(1504〜1521)隆信の曽祖父、山城守家兼(剛忠)の創建で、その弟天亨和尚が開山。この乾亨院には、明治7年の佐賀戦争に戦死した陸軍将兵が埋葬され豪壮な大理石が3基ならんで建てられている。右が中隊長大池蠖二大尉以下2名の将校の墓。中は下士官20名の階級と氏名が刻まれ、左が兵卒75名...

  • 寶琳院

    【山号】恵日山 【宗派】天台宗 【本尊】聖観音菩薩 和銅4年(711)行基建立と伝えられ佐賀城下鬼丸町の南部にある。龍造寺氏の本拠に近く深いつながりをもっていた。長く衰微していた龍造寺氏を龍造寺康家が復興した。龍造寺の家系図によると、明応年間(1492〜1501)に水ヶ江城の館に移った水ヶ江龍造寺氏の祖康家の4子澄覚(家兼の兄)が開山し、住職となった。その後歴代の住職は龍造寺家から出た。2代目は家兼の孫にあたる豪覚...

  • 龍泰寺

    【山号】平安山 【宗派】曹洞宗 【本尊】釈迦如来 寺号は「龍造寺安泰」の意による。龍造寺隆信が少弐氏の館跡を選んで、永禄6年(1563)わが家の菩提寺とするために建立した。隆信はもと天台宗の僧籍から還俗して宗家をついだ人。かつて円蔵院の怪火を鎮めた大用和尚の法力を感じて、曹洞禅を信ずるようになったと伝わっている。天正12年(1584)隆信が島原(沖田畷)で戦死したので、この寺に墓所を築き、夫人や子の政家夫妻も葬...

  • 慶雲院

     佐賀城跡南東の位置にある。吉祥山慶雲院と号し、臨済宗南禅寺派。現在は無住。水ヶ江城は明応年間(1492〜1501)に設けられた。龍造寺家兼の父康家が永正7年(1510)に没したので、ここに寺を建立し、後に家兼夫妻を葬ったといわれている。慶雲院の名称の由来は康家の戒名が慶雲殿○○○だったので、慶雲院と称したといわれているとの事。現在この寺の管理、お世話は瑞龍庵住職がされている。

  • 宗龍禅寺

     正式名は、金剛山宗龍禅寺(龍造寺隆信公の法号「法雲院殿泰巌宗龍大居士」に因んで定めた)。  天正16年(1588)5月、龍造寺山城守隆信公の冥福を祈る菩提寺として、佐賀藩祖鍋島直茂公が佐賀城、城内の鬼門に建立し、城の守護神として崇拝した由緒ある名刹である。現在まで400年以上の永きにわたり連綿と法灯が守られている。  本尊釈迦如来を祀り、大本山を吉祥山永平寺(福井県)とする曹洞宗の禅寺で、佐賀藩主より石高...

  • 養福寺

     安住山養福寺は浄土真宗本願寺派の寺院で「一向宗由緒書 乾」によると、慶長年中(1596〜1614)に陽泰院(鍋島直茂継室)に奉公していた田崎氏の妻が、一子嘉右衛門の柳川陣へお供した際に戦死後、尼になり「妙忍」といった。主君の菩提と夫子の後生を弔うために一宇建立を願い出て認められた「御建寺 御城下八ヶ寺」のひとつ。所在場所は鷹匠小路ではなく「虎次小路」と記されている。尚住職は代々田崎氏が勤めている。 御...

  • 円蔵院

    佐賀城跡の南に位置する。福厳山と号し曹洞宗。本尊は聖観世音菩薩。龍造寺家兼(剛忠)によって天文14年(1545)建立されたもので、同年正月馬場頼周らにより川上や祇園原(神埼市神埼町尾崎)で討たれた子の家純、孫の周家・澄家・頼純、そして天文7年に病死した家純の次男で宝琳院の住職であった豪覚などの供養のためであった。寛文6年(1666)住職の村了が寺格の問題で2代藩主光茂に直訴して死罪となった。これは、彼を...

  • 光円寺

     龍造寺隆信の家臣、木下伊勢守入道覚順の次男が18歳のとき京で僧の修行した3年後、仙叔蔵王と称し、天文23年(1554)に中館前の伊勢守の屋敷の一部に道場を建て、仙叔(栄寺)を開山して光円寺を開創した。ここに墓がある。

総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl