検索結果

「神社仏閣」「兵庫校区」「寺」は15件登録されています。

  • 国請寺跡 

    高僧行基菩薩の足跡は、九州各地に散在するが、聖武天皇の天平10年(738)筑紫国巡歴の途中、若宮村牟田の地に立ち寄った。この地を一国一寺の大伽藍の地と定め、自ら本尊観世音菩薩を彫刻してこれを祀り、天台宗国請寺を創建した。 しかし、中世頃から住僧がしばしば転住して、寺院は次第にさびれ、観音堂だけとなった。元和2年(1616)佐賀藩主鍋島勝茂は僧快舜に命じ、この寺院の再興を図らせたので、その後は代々住職も居付き...

  • 下分方面の寺院跡 

    千住の経島寺が兵庫町に現存する最古の寺院であるが、下分には千住から牟田寄にかけて、寺院跡と称するものが多く残っている。光明寺跡、阿弥陀寺跡、伽藍跡、それから少し離れて本明寺跡、有通寺跡などがそれである。どれも牟田寄地区にある。またその間に、点々として井田観音、井田屋敷、弥吾屋敷、弥吾橋などの跡が続いている。しかもこの地方から古代土器、オグラと称する砥石、石造りの厨子などが発掘された。これらのこ...

  • 経島寺 

    曹洞宗 本尊 釈迦牟尼仏 由緒 高倉天皇時代(1177頃)小松内大臣、平重盛建立。開山僧は不明であるが、天正6年(1578)千住伊賀守が四国の僧、湛蔵司を請じ住持とした。寺内に重盛の位牌があるが、1枚石で総高1尺6寸、表面に「当時開基小松府殿贈一品内大臣左相浄蓮大居士」裏面に「治承三年己亥八月朔薨、元禄十丁丑八月朔日鍋島内記藤原朝臣茂英敬奉安置之」と刻んである。墓所内に千住伊賀守の墓、及び姉川の城主として有名...

  • 光圓寺  

    本派本願寺派 本尊 阿弥陀如来 由緒 後陽成天皇の頃、仏道に帰依して入道した直茂の一族である鍋島伊賀守道虎は、法名を生三と号して、堀立区外野の東端に館を建て、ここに居住していたが、慶長5年(1600)に一寺を建立した。 天保4年(1833)8代雪村住職の時に、現在の堂宇を再建し、更に昭和3年俊隆師の代に大改築をして、面目を一新した。当寺は創建以来聞慶寺と称したが、明治維新の始め、地方庁の寺院名簿に光円寺とな...

  • 正見寺 

    真宗本派本願寺派 本尊 阿弥陀如来 由緒 天正2年(1574)建立。開山は皆念和尚、現住職は傍見譲了師である。

  • 福寿山無量寺

    曹洞宗 本尊 千手観世音菩薩 由緒 天正12年(1585)3月、中牟田七郎衛門は隆信に従って島原の役で戦死した。その子中牟田喜左衛門は、父の菩提を弔うために、かねて尊信した珠鎮和尚を迎えて開山とし一寺を建立した。しかし明治36年火災に遭い、堂宇を始め一切を焼失した。 当寺は中牟田家の開基で、その末裔故海軍中将子爵中牟田倉之助の発願で同年末、現在の堂宇が再建された。落成記念碑は本堂前東側にある。

  • 光輝山 敬法院

    曹洞宗 本尊 釈迦如来 由緒 不詳。現住不在で前住は4世、東延成師であった。

  • 東渕山 恩林寺

    曹洞宗 本尊 地蔵菩薩 由緒 創立は不明であるが、およそ200年前という。多数の寺領があったが、現在は民家の手に移り、恩林寺田の名が残っている。春日の玉林寺の末寺である。 本尊の地蔵菩薩は、地区住民の尊信厚く日々参詣者が多かった。しかし本尊の御開帳は許されなかったそうで、罹病者がある場合はお籠りして祈願すれば必ず治るとのことであった。

  • 福聚山 寿徳寺 

    曹洞宗 本尊 観世音菩薩 由緒 鍋島直茂に祈?を申し付けられた国分寺住職勢岩和尚は、毎月佐賀城を訪れたが、遠路のことで藤木村に中宿して休息するのが常であった。 この勢岩和尚が、天正6年(1578)遷化されると、「自分の命代りになった」といって直茂はたいへん感激し、関平兵衛、勝屋勘右衛門の両人に命じ、藤木村に寿徳寺を建立させ、勢岩和尚の弟子在室和尚を開山とした。本堂庫裡とも明治26年の大暴風で倒壊したが、大...

  • 万徳寺 

    真宗本願寺派 本尊 阿弥陀如来 由緒 天正年間(1580)頃、源左衛門尉正国という武士が発心して、一山を創始し万徳寺を建立した。始め真言宗であったが元禄8年(1695)真宗に改めた。初代住職は善幽和尚で、現住職は12世杜田善雄師である。

前の10件1 | 2....[最後]
総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl