検索結果

「神社仏閣」「循誘校区」「神社」は3件登録されています。

  • 牛島天満宮

     牛島天満宮は、かつて蓮池町にあったらしく、鍋島勝茂公が佐賀城を築かれた折り、城の鬼門(北東)に当たる牛島町に移して、城の護神として祀つられた。 天満宮は全国に1万社以上あるといわれ、御祭神は菅原道真公である。学問の神様として有名である。天満宮のいわれは、『天満大自在天神』と呼ばれ、それは雷神の別名でもあるが、それを縮めて『天満宮』とか『天神さま』とか呼んだのである。 神橋前の肥前鳥居は、慶長の...

  • 八坂神社

     柳町(現千代町)の元古賀銀行の南前に石造の鳥居が目につく、ここが八坂神社である。八坂神社は、祇園社ともいってスサノオノミコトを祀ってある。  ここは、大旱魃になると、金立神社に雨乞いして、お籠もりのうえ御神体を御輿に移して、有明海の沖の島まで行くことになっているが、これは『お島さん参り』といって、有明海のど真中に暗礁があり、潮が引くと表を現す、要するに沖の島信仰は雨乞いを主体とした水の神の信仰...

  • 愛宕神社

     関ケ原合戦のとき、鍋島勢は西軍に加担したことで、徳川から疑惑の眼で見られ、鍋島家の浮沈にも及ぼうとしたおり、井伊兵部少輔・本多佐渡守、円光寺住職元佶らの斡旋で、かつ、直茂の忠心に対し許され、筑後柳川の城主立花左近将監宗茂征討の命を受けた。慶長5年(1600)10月14日鍋島直茂・勝茂父子は、3万余騎を率いて佐賀を出発した。  この折り、各地方は罹災多く特に災火の禍いを憂慮された勝茂は、鍋島生三を名代とし...

総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl