検索結果

「神社仏閣」「本庄校区」「神社」は12件登録されています。

  • 八田の社寺

    船着場附近に昔は祠堂が多かった。住吉神社、観音堂、薬師堂、若宮、阿弥陀堂等が一本釘付近にあった。今は野墓が残るのみである。 「住吉神社」は大阪住吉に鎮座する、津国一の宮の三神と神功皇后が祭神であり、古来航海守護神として広く崇敬され諸所の漁港等にその分神が奉祀された。八田区では御神体(神鏡)を廻り持ちで、住吉祭りが現在も続いている。

  • 梅林庵義祭同盟と梅林庵

    文化、文政のころ、弘道館の教官に枝吉種彰(南濠)(1789〜1859)がいた。 文武両道に秀で国学、古典研究に励んだ。その長子が枝吉経種(神陽)であり、次子枝吉二郎は副島家の養子となり、これが後の副島種臣である。 南濠は古典研究、史学研究にもとづき「日本一君論」を主張し尊王論を唱えた。 長子神陽は、文政5年(1822)5月24日に生れ、文久3年(1863)8月14日に没した。 天保11年に弘道館に学び、父の「日本一君論」を継...

  • 本庄神社

    本庄妙見山淀姫大明神の本地は十一面観世音で第29代欽明天皇の勅願で欽明天皇25年(564)9月28日の夜、末次村の正直者丹次郎と言う農夫が薪取作業中、突然大地が震動して、2本の霊木が生じて、五色の雲、金色の光がさして何処からともなく妙なる音楽が聞こえて、雲の中より気高い垂髫(スイチョウ)の一人の童子が出現して「我は是淀姫の神霊也」と申されて、色々不可思議な霊験を示された。領主の小寺左衛門大夫安利は...

  • 妙見社

    西寺小路南の国道208号沿いに、妙見社がある。 妙見菩薩を奉祀する祭神は国土を擁護し災を消し敵を退け、福寿を増す仏とされ、日蓮宗では特にこの妙見菩薩を信仰する。また妙見菩薩は北斗七星の本地で、北辰尊星妙見大菩薩とも称され、北極星を仏格化した諸星の王であって、一切の事物の善悪を記録する国土の守護神であるといわれている。中世においては、武将の中にも、千葉氏、山名氏、大内氏など深く妙見菩薩を崇敬した。 県...

  • 王子神社(若王子権現)

    昔は鬼丸の宝琳院南、古江湖川の中の島に祠堂はあったが、現在は瑞応寺境内の東に移し祀ってある。 祠堂の前の明神鳥居の柱銘には、「佐嘉郡大井樋村医王山瑞応寺敬白。奉寄進御宝前氏子中天明三癸卯年(1783)二月吉祥日。」額束に「王子神社」と刻んである。 王子権現の由緒に関しては、色々話が残っている。その内の一つ『若王子権現縁起』による徐福祭神説を原文により紹介する。 「列山伝ニ曰く徐福字若房秦ノ始皇ノ時ノ道士...

  • 袋天満宮

    祭神は菅原道真公で、天正4年(1576)龍造寺山城守藤原隆信が天地長久領土安全祈願のため、創設せられた神社である。 当時の代官は志波藤介で、宮住は、酒袋新太郎、酒袋新七郎と由緒書に記載されている。 慶長年間(1600頃)に、鍋島直茂公が社殿を再建し、以来歴代藩主が崇敬した。 明治12年に村社に無格社より昇格する。 当時の氏子戸数70余戸であった。

  • 中島神社

    中島区には天満宮、辨財天、宝満宮がそれぞれ氏神として祀られていた。 天満宮は野々天神さんと言い亀川氏宅東北にあったが、大水害により、大正12年に千々岩惣次郎氏宅東に移転した。 辨財天社は溝内六次氏宅裏に祀られていたのである。 宝満神社は筑前の竃門(ソウモン)山宝満宮の分霊を奉じ、社殿を享和元年(1801)11月18日建立した。祭神は、息長足姫命、玉依姫命、与田別命の三神である。 昭和5年7月に三社を合祀し、中...

  • 満穴天満宮

    寛文10年(1670)3月8日建立の肥前鳥居が社前にある。奈良時代に始まる「神仏習合」(神の信仰と仏教信仰とを融合調和すること)のため、西光寺の僧が、宮司の務めを果していた。

  • 藩祖がひれ伏した鹿子天満宮

    鹿子天満宮は、龍造寺隆信の祖父家純が太宰府天満宮の分霊を請い受けて祀りました。祭神は、菅原道真です。龍造寺隆信、鍋島直茂はじめ歴代藩主が崇め敬った神社でした。 『葉隠』に山本常朝は「佐賀藩の家老の安芸守(鍋島茂賢)が若い頃、天神の森で鳩を撃ち、それが外れたので腹を立て、当たらなかったのは天神の仕業である。憎き天神である。と二つの弾を込め宝殿を裏表に射抜いて帰り、このことを直茂に伝えた。これを聞い...

  • 龍造寺隆信と鹿子天満宮

    天文20年(1551)豊後の大友義鎮(宗麟)並びに佐賀隣郷の豪族等と少貳家再興を企図して、佐賀城を襲撃しようとするのを知り、隆信は大勢の不利なことを悟り、一時筑後柳川の一木村に避けた。鍋島清房等もこれに従って行った。 天文21年隆信は旧領回復をはかったが、失敗した。 天文22年隆信は早田次郎左衛門等を使者として与賀郷鹿子天満宮に参って、鹿子の古賀民部の尽力によって、久米、徳久、村岡、末次、飯盛の5人の郷長と...

前の10件1 | 2....[最後]
総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl