検索結果

「建造物」「西与賀校区」「地蔵・銅像・石塔」は21件登録されています。

  • 弁財天

    弁財天はインド地方の河神として尊崇され、のちに仏教に採り入れられて金光明最勝王経に説かれている。元来は農業神であったが、音楽や智慧の神に転じ、さらに鎌倉時代以降は福徳神の性格が強くなり、七福神の一員に加えられている。 弁財天の石仏造立の目的は、池、沼、川などの水辺に祠られる水神として祠られていた。古代から信仰の対象となっている脊振山、金立山、天山などの神山には、弁財天が奉祀されている。これはおそ...

  • 地神

    佐賀市を中心として、「中央」「中央尊」などと記された塔が分布していて、一般にチュウオウサンと呼ばれている。この中央尊は、民家に祀られた屋敷神であって、乾(いぬい・北西)か艮(うしとら・北東)の隅に安置されるのが通例であったといわれる。この中央尊の信仰は、肥前地方にもかつて強力な地盤を築いていた玄清流盲僧が広めたものといわれ、地神陀羅尼王子経で説く荒神が大地の中央にあって、四季の土用を司るという思...

  • 大黒天

    大黒天は仏教にとり入れられ、インドや中国では古くから寺院の守護神とされ、また、豊饒を司る神であった。 わが国でもはじめは護法善神として食堂に祀られていたが、大国主神との習合も見られ、江戸時代に入ると恵比須と共に福神の代表的な存在となった。

  • 八天狗

    八天狗は、愛宕山、比良山、大山、大峰山、鞍馬山、飯綱山、彦山、白峰山の八山に住むという天狗で、修験との関係が深い。 天狗は、信仰又は、想像上の霊神であって、防災、鎮火の守り神として信仰され、平素は山中に住み、鼻高く羽翼を有しているという。手足の爪は長くて羽団扇を持ち、あるものは鼻が長く突き出ており、あるものは嘴を持っている。天狗は非常な大力で神通力を有し、一度怒れば天災地変をおこすというので恐れ...

  • 八大龍王

    わが国では、古くから水神の本体として蛇が崇敬されていた。中国文化の影響を受けて蛇と龍とが同一視され、水神としての龍が崇敬されるようになって、各地に「龍王」、または「八大龍王」の石祠が祀られるようになった。終末処理場の北方約100mの所で通称一本松といわれている。 古老によればこの地区は干拓がゆえに年中、干魃に悩まされているため地区の人々が、水神である八大龍王を雨乞いの祈願のため建立したといわれている...

  • 観世音菩薩

    観世音菩薩は、一般に観音さんと呼ばれ、地蔵菩薩と共に庶民の信仰が厚く、観音はすべての衆生を救済するため、それに応ずるように33の姿を現わすといわれている。 頭部に11の顔をあらわしている変化観音の一つで、わが国ではきわめて古くから信仰され、変化観音の中では最も多くの遺例をもつ尊像である。平安以後になると日本全国にわたって普及してゆく仏教信仰とともに数多く造顕された。

  • 十一面観世音菩薩

    旧西与賀小学校の裏で、十三仏橋の傍にある。古老によればこの橋の名前の由来は十三仏が祀られていることからだという。ここには種々の石祠が祀られているが、ひときわ目立つのが宝冠に化仏を頂く十一面観音像である。像容は全体として完構を保っており江戸後期における彫造様式を今にとどめている。 十三夜待は13日の夜、虚空蔵菩薩を本尊として礼拝、勤行した行事で、一般に十三夜の月見は9月13日夜が有名である。その供養の...

  • 馬頭観音

    馬頭観音は、観音の変化像であり、六観音あるいは七観音の一つに数えられ、他の観音が慈悲相であるのに対して、忿怒の形相に造像されるところから大力持明王、馬頭明王、馬頭金剛明王などとも呼ばれ、八大明王の中にその名が見られる。 造立の目的は、牛馬、特に馬の供養と結びついたものである。馬の供養や無病息災の祈願をこめて建てられている。時代が下るに従って特定の死馬の供養の目的で造立され、墓標的な意味を持つもの...

  • 六地蔵

    二本継ぎの方柱石を生け込みにし、竿石の上に中台をのせ、その上に尊体を安置し、宝珠のついた笠石をおいた構造を基本形式としていて、尊体は6体の半肉彫の地蔵尊を円筒状に配したもので、六道の衆生を救済するために造立されたものである。造立の趣旨は、仏が修行僧に身を変えて六道(地獄道、餓鬼道、畜生道、修羅道、人間道、天上道)の道をはずした衆生を救う仮の姿とされ、室町時代の戦乱の世に地蔵信仰として隆盛、そのま...

  • 六地蔵

    旧西与賀小学校南方約150mの所に1本の榎がそびえている。この六地蔵は榎の傍にある。造立年代は竿石に「元禄九丙○年(1696)二月時正月」と記されその横に次のような銘が記されている。 「生生父母世世兄弟 悉皆成佛後我成佛」 六地蔵のすぐ傍に堀が東西に走っている。この堀を地元では此宇堀といっており、有明干拓の際、東は元相応から高太郎そして御舟小屋にかけて潮止め工事が行われたといわれ、現在も当時の杭の跡が諸処に...

前の10件1 | 23....[最後]
総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl