検索結果

「建造物」「鍋島校区」「碑」は3件登録されています。

  • 成富兵庫誕生地

     成富兵庫茂安は、永禄3年佐賀藩士成富甲斐守信種の第二子として、鍋島村増田(益田)百石に生まれた。増田地区の東北隅嘉瀬川堤防の中腹に誕生記念碑がある。茂安は資性勇武智慮深く、17歳のとき初陣に功を立てたのを初めとし、寛永18年(1641)病没するまで75年間今山戦はじめ大小幾十度の戦に従い武勲を顕した。後半は築城(熊本、江戸、大阪、名古屋)、土木、治水、干拓、塩田に精励し、民生事業に妙技を発揮し、藩財政を...

  • 忠魂碑

    鍋島町遺族会は、日露・日独戦争や満州・上海・支那事変・大東亜戦争において戦没された英霊を祭神として、大正13年10月鍋島小学校の一角に鍋島町郷友会の発起で忠魂碑が建設された。 ところが昭和16年勃発の大東亜戦争で敗戦となり占領下のもと一時倒壊のやむなきに至った。 戦後忠魂碑再建委員会が設けられ、鍋島町全域からの現金や奉賀米等の寄附により、昭和28年3月に再建された。当時の合祀者数300有余柱を祀り、遺族会は...

  • 堤長定先生顕彰碑

    堤長定は、嘉永6年(1853)植木で生まれ、血気盛んな21歳時に憂国少年隊に加わり、佐賀戦争の寒水川、田手川の戦で奮戦の記録が残っている激情家であった。 彼は、資性剛直、清廉潔白で教育事業に熱心であった。明治10年頃鍋島町内には蛎久、森田、東新庄など数ヶ所に別れて小学校があり、非常に不便であったので、一村一校の学校建設のため、東奔西走して、村民の同意を得て、遂に明治15年養成小学校(現鍋島小学校)を設立さ...

総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl