検索結果

「建造物」「蓮池校区」「碑」は6件登録されています。

  • 雲菴道人帰田詩碑

    天賜園より移されたもので、8代藩主直與の帰田の詩10首を刻んである。鐫字人筒井新吾。嘉永2年(1849)春2月浄書、3月22日天賜園に建つと誌してある。

  • 頌徳碑

    公爵徳川家達の題字。裏面に永田暉明撰の真與公頌徳文あり、明治44年の肥筑大演習の際に、正四位を追贈され、その書画筆跡が天覧に浴したことを伝えている。

  • 戊辰出征記念碑

    表の上部に横書きで忠武碑とあり、正三位勲二等男爵船越衛(東北游撃軍参謀長なりし人)撰になる碑文を刻し、裏に「鍋島子爵、出征者或遺族、一般賛同人」と刻してある。明治37年5月建立。碑の前に左右に2本の石の円柱があり、向って右のものには出征者氏名を、向って左のものには賛同者氏名を刻し永くその芳名を伝えている。

  • 忠魂碑

    かつては日露戦役忠魂碑として建立されていたが、戦後その台石をそのままに、当時の鍋島直紹県知事の題字を刻した碑を立て、日清戦争から太平洋戦争に至る蓮池町出身戦没者の氏名を刻した石塔を配して、今も春秋に慰霊祭を行っている。

  • 雲叟公歌碑

    昭和7年2月22日、廟行鎮の戦闘で我が身を肉弾として鉄条網と共に粉砕した、江下、北川、作江の3人は軍神爆弾三勇士として当時の国民を奮いたたせたが、その一人江下武二伍長は蓮池町(古賀)の出身であった。昭和9年2月22日、江下伍長顕彰会によって蓮池公園に十字鍬を杖に、廟行鎮の空をにらんだ江下伍長の銅像が建設された。終戦によって銅像は米軍を顧慮して取払われ、後に礎石のみが空しくそびえていた。その跡を如何...

  • 句碑

    公園の先得亭の西南江湖畔にある。 「一声の 江に横たふや 郭公 ばせを翁」 とあり、一説に松尾芭蕉とも言うが、真偽の程、建立その他詳かでない。しかしこの句碑あたりの初夏のたたずまいは、まさにこの句そのものであった。もと中地にあったものを、ここに移したとも言われる。

総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl