検索結果

「建造物」「日新校区」「その他」は3件登録されています。

  • 久保薬局看板

     のこぎり型家並みの中で目につくのが、久保薬局の「牛黄清心圓」の看板です。藩政時代における売薬の調製販売には、佐賀藩の厳しい規制が加えられ、諸国を歩く越中の薬売商人も、佐賀藩だけは避けて通ったといいます。そのため、藩内では巨財を成す薬屋が多くありました。  久保薬局の「牛黄清心圓」は強壮薬で、佐賀藩の秘伝薬でした。一般に売られるようになったのは明治になってからで、その時に掲げた看板が今も残ってい...

  • のこぎり型家並み

     長瀬町の道しるべから西へ向かうと、八戸町である。現在も昔の街道の面影をよく残している。  長崎街道は東側の長瀬町・多布施新宿や西側の古宿とはやや向きを変えて斜めに走る。そのため、新宿では宅地と街道が直角に交わらず、いわゆるノコギリ型の地割が形成され、特徴ある町並み景観が展開している。後になってそのくぼみは、敵が攻めて来たときに隠れて不意を突いて攻撃をするためだとか、荷車を置くためのものだとか言...

  • 喜楽座

     喜楽座は辻の堂の旧料亭万才附近にあって、喜楽舎と呼ばれていた。明治5年頃に現在の地(与賀町)へ移り喜楽座となった。芝居、浪花節、漫才等が公演された。敷地は600坪、収容人員700人の、当時としては大きな劇場であった。  この頃から西の白山と呼ばれ、庶民の娯楽の場となっていた。その昔、この附近は野墓があり、さみしい所であった。そこへ武士の楽しみでもある馬場が出き、与賀馬場と言われていた。喜楽座が出来て...

総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl