検索結果

「民俗・芸能・習俗」「嘉瀬校区」「行事」は28件登録されています。

  • 年始(1月1日)

     年始は俗に「年とり日」と言われ、元旦の行事は家庭によって様々であったが一般的には朝早く起きて朝風呂を浴び、若水で顔を洗い、その年の恵方を向き、歳徳神に不老長寿、福徳円満、家内安全を祈念した。農家では、にわなか(土間)に歳徳さんの祭壇を作った。祭壇は臼を土台にして、その上に箕を置き、それに一升桝を立て年末についた餅、蜜柑、干柿等を飾っていた。家族全員が歳徳さんに礼拝をすますと座敷に年長順に座り...

  • ほんげんぎょう(鬼火たき)(1月7日)

     朝まだ暗いうちに起床し、家の門前や鎮守の境内等で、前日までに土手などで刈ってきた竹笹やしめ縄、お札を焼く行事である。これは全国的な行事で鬼火たきとは鬼退じの意味である。この鬼火たきでは歳徳神に供えた餅を焼いて食べた。この餅を食べることによって禍を除き福を得ることを祈ったものである。また竹の燃えかすのまだ煙の出ているのを拾って田んぼへ挿し虫除けのまじないにしたり、上部を三角形に折り曲げ門口に立...

  • 荒神餅(1月9日)

     この日に荒神様に供えた餅を食べた。この餅はへっつい(かまど)を模して作った餅で、地域によってはこの餅は男性に嫌われ専ら女性だけの餅であった。最近では丸型の餅を供える家庭が多い。

  • 土龍打ち(1月14日)

      約5、6mの竹を切ってきて、その先に藁づとをくくりつけた棒で、部落内の家々に行き庭先で円陣をつくり、土龍(もぐら)打ちの歌に合わせて地面を叩く男児の行事である。この行事はもともと田畑を荒す土龍の害を除こうとするもので、子どもたちはもちやお金をもらったものであったが近年では、あまり行われていない。  <土龍打ちの歌>  せんすい(千秋)まんすい(万歳)そぉーれ  なれなれ柿の木、 ならずの木をば...

  • 針供養(2月8日・12月8日)

     明治の頃までは裁縫師匠の家で針子たちが集まり1年間に使用し折れた裁縫用の針を白い豆腐に挿し、祭壇を設け、草花や菓子を供えて針への感謝と共に裁縫の上達や針で怪我をしないようにと祈った。豆腐はお寺のそてつの下にうめていた。今では、2月8日に一部の部落(元町)や学校等で行われているだけである。

  • ひな祭(3月3日)

     「桃の節句」や「ひなの節句」といってひな人形を飾り、ふつ餅(よもぎを入れて作った草餅)を供え、白酒を入れたかんびんに桃の花枝をさして飲み少女の将来を祝った。特に初節句の家では親類等から雛人形や、ぼんぼり等やお祝儀を貰い、それに対して酒肴を出して盛大に祝った。この行事は今でも実施している家庭が多い。

  • 春祈祷(4月〜5月)

     この行事は部落によって期日は違うが、4月から5月にかけて行われていた。農家ではこの頃から麦刈りや田植の準備が始まり、1年中で最も多忙で骨折る時期で、「ごんがつ」とも言った。この行事はもともと氏神様の境内で村人が集まり五穀豊穣を祈ったものである。昭和の初期まで続いたが現在でも元町・有重・新町・十五では4月7日、または4月28日に行われている。

  • 端午の節句(5月5日)

     男児が生れた家ではお節句の数日前から庭先に幟竿を何本も立て、これに矢車、吹き流し、鯉幟を飾りつけて祝った。初節句の家では酒を用意し親類知人等を招いて振舞った。この節句は現在でも行われているが、4月中より鯉幟を掲げ、幟を立てる場所のない家庭や団地等では室内用の小型鯉幟を飾っているところもある。昭和23年7月に国民の祝日に関する法律が制定され、この日を「子供の日」とし「子供の人格を重んじ、子供の幸...

  • さなぼり(早苗祭)

     七月上旬頃で農家では一番骨折る田植えが終り、無事済んだというお祝いで、うすの上に箕をおき、苗束を供える行事である。また、地方にもよるが農家では新嫁をこの日から里帰りさせることも行われていた。

  • 七夕祭り(旧暦7月7日)

     この日は、天界のけん牛(鷲座のアルタイル)と織姫(琴座のベガ)という星が天の河(銀河)で相会するという中国伝来の説に基づく風習で、7日は早朝に起きて稲などの葉にたまった露の水滴を取り集めて墨をすり、五色の短冊に自分の願いごとを書いて竹の枝にくくりつけ、その竹竿を家の入口に立てた。七夕に使用した竹竿は畑に立てて虫除けなどにしたり、物干竿にもしていた。この行事は近年新暦7月7日に行うところが多い。

前の10件1 | 23....[最後]
総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl