検索結果

「民俗・芸能・習俗」「鍋島校区」「行事」は21件登録されています。

  • 水神楽(川上参り)

     昔から鍋島では各地区とも淀姫神社へお礼参りをして、御神楽を奉納し御神酒開きをする等、現在まで毎年の慣例になっているが、これは淀姫社の御神徳により灌漑水に不足なく、秋の実りの喜びを報告し感謝の意を捧ぐる為の年中行事である。

  • お粥ためし

     お粥試しというのは綾部神社の「旗上げ」と共に佐賀地方農民の注目の年中行事である。毎年1月1日の四方拝の式典に、蛎久天満宮の神前にお供えした白米の一定量を2月11日建国の記念式に、神官によって修祓をなした後に大きな釜に入れて炊き、焚きあげてから鉢に盛り、これを唐ひつに納め奉殿の神側に安置し、3月25日例大祭の早朝再び神官の手に依って参籠所に持ち出し、一般参詣人に公開されるのである。  そして鉢に盛ったお...

  • ホンゲンギョウ

    1月7日朝早く餅を焼いて食べる。昔清涼殿で青竹をたき餅を焼いた。これは全国的な行事となり、鬼火たき、鬼(悪魔)退治の意味がある。ホンゲンギョウは鬼火焚きとかドンドン焼きとか色々の名前で呼ばれ、厄払いの行事で各地で行われていたようだが、どの地方の行事も趣旨は同じのようである。

  • 荒神餅

     正月9日の朝は荒神さんに供えた餅を焼いて食べる。この餅はカマド(へっつい)を摸して作った餅で、これは男性に忌まれ専ら女性用の餅であった。つまり男は台所くさくなってはいけないということであろう。

  • もぐら打ち

     正月14日に行う男児の行事、田畑を荒らすモグラの害を除き果樹豊産を祈るものである。雌竹を切って先端にわらずとをくくりつけて地区ごとに庭先に円陣を作り、次の歌に合わせて地面を叩くのである。  なれなれ柿の木。ならずの木をばなれぞというた。千なれ万なれ。億万なぁれ。つる落ちすんな。空花さくな。人の子のちぎっときゃ。堀の岸なぁれ。うちの子のちぎっときぁ。畑のまん中なぁれ。去年よりぁ今年ぁ。所見がようし...

  • 灌仏会

     4月8日。釈尊誕生日。  甘茶とり、花祭りと言って、各寺院ですみれ、たんぽぽ、菜の花、れんげ草など春の草花で飾った「華堂」を作り、その前に大きなたらいを置いて甘茶を入れ、その中に釈尊像をたて、参拝者はお賽銭をあげ、甘茶を釈尊像にかけて礼拝し、甘茶をもらって帰る。家族全部はこれを戴いて病魔よりのがれる様に祈った。

  • さなぼり (早苗祭)

     7月上旬頃田の神が田植えの終了を見届けて、帰り上がる日であるといわれている。農家では一番つらい田植えが終わり、無事すんだというお祝で、各家庭でご馳走を作り、慰労するものである。この日は米の粉であんこ入り饅頭を作り近隣にも配る。また農家の新嫁はこの日から里帰りする。

  • おくんち (供日)

     おくんちとは村の鎮守の秋祭りで、豊年に対する感謝祭といえよう。神社では早朝御神幸の式を行い神輿を一時下の宮に安置し、午後上の宮に御遷幸の式を行い、神輿を神殿に奉遷するのであるが、参詣人は神輿の下をくぐって一家繁栄、家内安全を祈る。おくんちには「鮒のこぶまき」を御馳走するのが通例である。

  • 歳末、家児揃

     一年も押しつまり、12月25日になると歳末の行事がある。それは一年間無事生きつづけたことを先祖に感謝して、親類一同集まり会食する。この頃には、正月準備に神棚、家の中の大掃除、すす払いをすまし、大晦日の晩は、「家児そろい」と言って、一家揃って膳につく。相応のご馳走をして、菊がらをたいて、その煙で貧乏神を追いだし、俵箸のけずりくずをたいて、繰り合いの向上を祈り、来年また幸運にめぐり会う様に運そばをた...

  • 三夜待

    毎月の23日を中心に開かれる町区の親睦会のことである。普通三夜待の神は女神様だから男がまつり、六夜待は男神だから女がまつるといわれる。三夜待の石碑の前に酒肴をささげ、おさがりを戴いて四方山話に花を咲かせた。三夜さんや三夜待等と言って、佐賀地方の風習行事で、何処の村でも行われていた。 年齢・職業等比較的環境のにかよった人々で仲間を作り、月に1回程度輪番制で当番の家に集まり、会食後夜遅くまで語り合って...

前の10件1 | 23....[最後]
総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl