検索結果

「民俗・芸能・習俗」「蓮池校区」「行事」は3件登録されています。

  • 蓮池祇園

    祇園は毎年7月22、23の両日に行われる。 八坂神社(祇園社)の祭神は素盞鳴尊である。祇園祭は大字蓮池が氏子で、その中、神埼町・城原町・魚町・本町の4町が、年々順番に分担する。以前は紺屋町も参加していた。分担の種別は「お供」「神輿」「獅子」「山鉾」である。神輿は22日の午後7時煙火の合図で社殿を出て78町を隔てた下の宮(城原町と魚町)に御幸し翌23日の午後8時再び煙火の合図で下の宮を出て還幸するのである。...

  • ももて

    出雲神社の「ももて」は、文永年間、出雲国造の弟北島康孝がこの社を建立した当時から伝わるという。 毎年2月11日あるいはその前後の日曜日、「百手」と呼ばれる行事を、蒲田津東分が6組(榎下組・番所組・渡端組・昭和組・馬場組・新町組)に分れて、毎年一組が実施する。 海の幸・山の幸、神酒の献饌をし、儀式がある。 この日直径1間位の大的の中心に「鬼」という字を書いたもの2個を組合せて拝殿の南方に立て、北方の神...

  • ゴミホリ

    3月も末、堀のゴミ上げはサラエと泥土利用のための村仕事である。ガタをすくい上げるには「遠隔操作」の桶が使われる。桶は口が斜め型で、口と底から両側へ綱がクモ型に付けられる。5、6間ほどの間隔で渡した道木に構えた両側の人数の綱に操られて、桶が舞ってはガップと泥土をくわえ、せり上がっては吐く。「ダンポチコイコイ」の調子。呼吸が合わぬと、桶は宙返りして泥ハネが飛び散る。

総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl