検索結果

「民俗・芸能・習俗」「開成校区」「その他」は2件登録されています。

  • 八戸溝の力石

     石に対する信仰の1つで、神の依代(よしろ)となっている石を持ち上げて豊凶を占うのであったが、後では娯楽化して男の子が力試しをして少年期からさし上げて、力量を試しあった。また、米1俵を肩に担いで乗せることが、若い衆として認められる資格であった。八戸溝の力石は、薄茶色の卵型で、鳥居の側に置いてあり、少年や青年たちは競って挑戦していたが、持ち上げる人は村中に数人しかいなかった。その力石は、昭和30...

  • 荒神さん

     昔の農家の家造りは、玄関から台所(くど、へっつい)までは、庭中(田の土で固めてある)があり、玄関の戸は重たいよろい戸であった。庭中の中央辺りに「荒神柱」が建ててあり、神棚を設け、お供えものをして荒神さんを信仰していた。八戸溝のほとんどの農家には終戦後あたりまでは見られたが、現在は改築されその面影を見ることはない。 また、鍋島町内のある町区では、くど(へっつい、かまど)の形の餅を備え、正月9日に...

総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl