検索結果

「産業」「久保泉校区」「工芸技術」は2件登録されています。

  • 白石原の瓦

     享保の佐賀の町大火(1726)で、佐賀城内外は灰じんに帰し、1835年(天保6)には再び二の丸が焼けた。この頃鯱の門は二の丸に在った。翌年本丸を再建するとき鯱の門を新たに現在地に造営している。  このとき、白石原の瓦工早田夘太夫英興という人の作った鬼瓦が上棟されている。同時に屋根瓦制作も命じられたであろう。  写真のとおり、この様に大きな、然も肉厚い焼き物は当時の作品としては珍しい。良質の土を見付け、十...

  • 川久保の笊笥づくり

     川久保一帯は、里山の麓に集落が散在し、中心部に川久保宿があった。古代には中央政府の大宰府や肥前国府の尼寺を結ぶ官道が通り、戦国期には神代氏の出城があったが、徳川時代には山を下りた神代氏の城下町としての形態を整えていた。古代から西の都渡城(大和町)、東の仁比山などとともに山間部・平野部・海岸部との交易地として栄えていたらしい。そこでは竹製品の「ざる」なども交易されていただろう。   大政奉還、明治...

総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl