検索結果

「産業」「循誘校区」「その他」は3件登録されています。

  • 佐賀商業会議所の創立

     明治29年(1896)4月、大隈重信は母堂法要のため30年ぶりに帰郷した。そのとき、北堀端の大坪氏宅で歓迎会が開催されたが、その席で、大隈重信は『佐賀と実業』と題して演説を行ったが、これに刺激されて、佐賀商業会議所設立の気運が起こった。  佐賀商業会議所設立には、そのころの佐賀市長永田暉明が中心的に動き、佐賀百六銀行頭取中野致明以下24人が発起人に、会議所創立委員に深川、田上、中野、西村、原口の5人が推挙...

  • 佐賀米穀取引所

     明治4年(1871)5月、政府はこれまでの米納制度を廃して、金納制度を実施すると、米穀の換金が急がれ、そのため米穀相場を建てる米穀市場の必要性が起こってきた。 佐賀でも明治6年に、正米市場の設立が認可され、二つの米穀市場が業務を行ったが、明治8年に両方の市場とも姿を消した。明治17年9月にも米商会所設立について討議されたこともあったが具体化するに至らなかった。明治20年(1887)8月3日『佐賀取引所設立願』が...

  • 佐賀市塵芥焼却炉

     佐賀市は塵芥を処理できる量が少なく、一部を土地埋め立てに利用していたが、大変非衛生的であったので、昭和11年3月市議会に建設予算が提案された。審議する中で、延期説が出るなどしたので、調査委員会を設け半年にわたる研究を進め、昭和13年8月焼却炉を建設することになった。焼却炉は、岩本式にして4火床8炉として、昭和13年9月17日、火入れ式を行った。昭和28年にこの施設を改造拡大する計画であったが付近住民の反対で...

総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl