検索結果

「産業」「神野校区」「その他」は4件登録されています。

  • 佐賀紡績株式会社・大和紡績株式会社佐賀工場

     大正5年(1916)12月、地元の有志によって佐賀紡績株式会社が、資本金300万円で創立された。大正9年には男子300名、女子1,200名の工員を擁する大工場となった。当時の佐賀市郡の企業の中では、最大規模の工場であった。しかし、その後の不況で業績が悪化、大正末期には操業が停止された。  昭和3年(1928)4月、錦華紡績株式会社に買収され、同社佐賀支店(のち同社佐賀工場)として、 操業が再開された。  昭和16年に...

  • 佐賀瓦斯株式会社(製造場)・日本電気分工場

     大正2年(1913)佐賀瓦斯株式会社が設立され、瓦斯製造場が愛敬島(今の市役所のある所)に設置された。この瓦斯会社は、大正7年(1918)に解散、そのあとに日本電気工場ができた。これは、大正の後期火事で焼け、まもなく閉鎖された。昭和6年(1931)そのあとに有限責任瓦斯購買利用組合が設立され、昭和16年(1941)佐賀市がこれを引き継いだ。

  • 九州グリコ株式会社

    1 江崎グリコ株式会社(創立:大正11年2月、設立:昭和4年2月、本社:大阪市)  佐賀市蓮池町出身の江崎利一氏は、大正3年(1914)行商の途中、早津江川の岸で有明海特産のカキの煮汁が川口に放出されているのを見つけて、その有効利用を思いつき、その汁の中から栄養素「グリコーゲン」を抽出、種々の工夫の後、それを栄養菓子「グリコ」として完成させた。  大正10年(1921)、その販売のため大阪に出て「江崎グリコ...

  • 株式会社佐賀鉄工所

     昭和13年(1938)11月、初代社長勝谷辰次郎氏は、(株)戸上電機製作所より独立し、佐賀鉄工所を設立。その後、海軍航空機用精密ねじを製造、戦後はねじ専門メーカーとなる。  現在、佐賀鉄工所は、ボルト製造の全国トップ企業で、シェアは約50%にものぼる。製造するボルトの種類は8,000〜9,000種にもなるといい、そのうち8割が自動車製造関連向けである。  日産、ホンダ、富士重工、トヨタ自動車九州等主要メーカーに...

総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl