検索結果

「自然」「循誘校区」「河川・水路」は13件登録されています。

  • 十間堀川

    十間堀川は、佐賀城の外堀の役目を果たしていた。即ち平城であったために、この十間堀川は、ほぼ東西に流れ、勧興小学校の南、循誘小学校の北を経て大財六丁目の南二次井樋までおおよそ1,900m、ここで大溝川に合流し、枝吉樋門まで1,400m合わせて3.3kmにおよんで、川幅は十間(18.2m)あったので十間堀川と云っていた。  この十間堀川の特徴は、佐賀市の北部の河川水を受け、高低差の少ない排水河川である。かつて今宿に千...

  • 裏十間川

     この川の北側は、中の小路・中央本町・呉服元町・柳町、川の南側は、松原1丁目から4丁目となっている。上流には、東魚町橋・恵比須橋があり循誘校区の最初は、欄干橋となっている。欄干橋以東は、武家地と町地の境となっている。

  • 紺屋川

     呉服町水路の、元窓の梅東裏を起点として東に流れ旧古賀銀行の北を通って、藤影幼稚園の南から、兵庫屋の追手橋で南に曲がり香月酒屋から思案橋を下り貫通道路の紺屋橋を経て、今宿で佐賀江に合流している川である。

  • 小寺川

     巨勢川西の兵庫町一帯(土井.藤木.西淵.東淵.西中野.下村)の水田の農業用水を受け持つのが、この小寺川であり、上流は川上川の分水で小寺井樋から五領.長瀬.下高木を流れて兵庫町に至っている。

  • 大溝川下水路

     佐賀市消防署の西側を南下し、鉄道線路の下に大藤橋がありこの線路をこえて戸上電機の東の水路を下ると、元佐賀線跡地の道路と金立に至る県道との交差点(大財北町住宅南)の西側に大財橋(昭和45年)がある。  大財橋から約100m南に『楠の木塚橋』があるが、この橋は大財本通りから大財六丁目を経て、兵庫町下村に通じる道路新設工事の道筋に当たるため、新しく鉄筋の橋に1994年架け替えられた。また、大溝橋は、西の元佐...

  • 大溝都市下水路

     大溝川下水路と十間堀川とは二次井樋付近で十間堀川と合流し南下するが、この二次井樋付近は昔『野越し』といって道路より高く水位が上がれば、道路を自然に越して水は他の方に流れる仕組みが、長い間の村と村との間に定められた治水の慣行であった。  これは、この井樋の東は三間川で、西の大溝川と東の幹線水路との間の水量を調整する役目をもっていたのである。しかしながら大水の場合は早急に排水する必要があるので、そ...

  • 十島水路

     大藤橋(佐賀市消防署西側の河川が、西鉄営業所前でJR長崎本線と交差する場所の橋)から南に入り、戸上前橋、八の坪橋(生長の家西北)中林橋(生長の家西南側)それから十島橋を経て下流は大藤水路と合流して十間堀川に入っている水路である。

  • 呉服町水路

     大財橋より少し西より、願正寺東に南下し、高木町の天神橋を通り愛宕神社、光明寺前の晒橋から裏十間川に流れる。  昔この水路は『新堀』または、『真宗堀』とよばれ、南北400mの短い水路であるが歴史のある水路である。

  • 高木町水路

     高木町水路は、願正寺の東南で新堀と十文字に交差して、大財通りの『井手酒屋』北を通り、循誘小学校校門南前から東の川崎米穀店北に流れ、東佐賀町を経て、長専寺の横から構口橋北で大溝都市下水路に至っている。

  • 芦町水路

     呉服町水路の愛宕神社東から分流して、大財町本通り『春駒』の南に架かる『芦町橋』を東に流れ、循誘小学校の南の『循誘橋』から東の追手橋北に至っている。また、牛島天満宮の西鳥居の『天満橋』は芦町水路に架かっている。

前の10件1 | 2....[最後]
総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl