検索結果

「自然」「巨勢校区」「河川・水路」は4件登録されています。

  • 巨勢川

    巨勢川は兵庫町東渕付近で市の江川、黒川、徳永川を合流して東流し、傍示で南に折れ、兵庫町や巨勢町の中央を流れ巨勢町南で佐賀江川に注いでいる。 市の江川は成富兵庫によって作られ(改修)嘉瀬川より水を引き入れ、さらに、傍示に砂堰を作り堤防の下に穴を作り巨勢、若宮、野中方面に水を引き城原川から引いた横落水道の水と合わせた水利事業で巨勢野は開発されて巨勢、兵庫地区はすばらしい肥沃の水田となった。 巨勢川は...

  • 佐賀江川

    佐賀江川は多布施川、大溝川や巨勢川の水を集めて東に流れ東西付近から蛇行を続けていた。今度の大改修でショートカットし蛇行は訂正された。長い間蛇行は続いていたが、この蛇行は自然に出来たと一部は人工的に作られたともいわれてきたが、蛇行によって水流が緩やかになり、水運に便利だったといわれている。しかし、排水が悪く洪水を起こすこと度々であった。

  • 焼原川

    焼原川は久保泉町川久保付近から兵庫町を流れ下流の平尾付近ではクリークのようになって流れ東西で佐賀江川に注いでいる。

  • 巨勢川と井樋

    巨勢川や佐賀江沿いには、いくつもの井樋が作られている。これらの井樋は成富兵庫茂安の発案と指導によるものと言われ水が多すぎるときの排水、水不足の時の採り水などに活用されてこの地域の人々は多くの恩恵に浴してきた。

総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl