検索結果

「自然」「本庄校区」「河川・水路」は5件登録されています。

  • 本庄町地域の主要な河川

    本庄町地域が、陸化し平野地として成立すると、干潟の時の澪(みお)筋が江湖または江と呼ばれる平野に源流をもつ(上流を海抜4m)感潮河川が生成された。これが町中央部を南流していた小津江であり、東部を流れる八田江(古江湖川)であった。今は、僅かに旧江湖筋の名残りを留めるのみとなっているが、これら旧河道が主要水系となっている。 また、山地に源流をもつ河川(嘉瀬川〜多布施〜天祐寺川)の末流・萵苣木川が、町西...

  • 本庄町地域のクリーク網

    堀は、クリークとか溝渠ともよばれ、灌漑排水、生活用水、たんぱく源供給など農・漁業、日常生活に重要な役割を果たしてきた。本庄町地域内も縦横無尽、網の目のように張り巡らされていた。域内のクリークには自然的成因である、干潟時代の澪(江湖)及びその支流や旧河道が堀、いわゆる自然堀(江湖堀)として遺存するもの。また、灌漑排水用として設けられたもの、集落形成や宅地造成用の土取りとして掘削されたもの、人為的...

  • 大井手幹線下流部〜萵苣木川

    多布施川の分流・天祐寺川が南流、天祐、中折、長瀬町を経て、ここから(六長橋)厘外、西与賀方面の天祐寺線と本庄、東与賀方面への大井手幹線水路(下流)とに分かれる。大井手幹線は、道祖元町を過ぎ本庄町東・西寺小路の間を南流。溝口に入り、ここで高傳寺川に分水、また、溝口集落東、水田地帯の堀に分水する。さらに正里、上飯盛を経て東与賀町に流下し、南部水田地帯の農業用幹線三面水路となっている。 以前は、本庄区...

  • 大覚寺井樋水路(小津江旧河道)

    伊勢町の大覚寺井樋(大覚寺東南角)から導水、伊勢町、西田代、与賀町から本庄町中央部を貫流し、西与賀町丸目の本庄江河口に至る用・排水路である。佐賀市は、昭和55年(1980)大覚寺井樋水路(排水路)として指定した。町の西・南部域の灌漑用水供給と排水機能を持たせる幹線水路としての機能を果たしている。 市街地から町内に入り十五川(堀)に流れ、十五縄手橋~佐賀大学構内貫流~西頭橋南で二つに分かれ東は、蔵橋を経て...

  • 善左衛門井樋水路〜古江湖川

    多布施川に架かる善左衛門橋傍の井樋が善左衛門井樋(伊勢町・川原町境)である。これからの導水が、川原町、伊勢町、与賀町精を貫流し、本庄町に流入する。県道東与賀・佐賀線(佐賀大学東)に沿い南下、鬼丸町に達し境橋が架かり、これから大井樋辺で古江湖川に繋がっている。ここまでが善左衛門井樋水路で、昭和56年(1981)に市はモデル水系に指定している。この下流が古江湖川となり、準用河川となっている。大井樋あたりを...

総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl