検索結果

「自然」「金立校区」「河川・水路」は3件登録されています。

  • 金立町の千布薬師丸兩大字を中心としたる成富兵庫の治水工事

     この治水工事は何処までも佐賀藩の城下町及び藩穀倉地帯を守り、且つは良田を作るために行われた工事であることを先ず念頭に置いてこの工事の趾を見るべきであろう。  大体この治水工事の行わる以前は市の上を水門とする。所謂平尾川はなく福島川、徳永川(巨勢川)も川久保川(今出川)も夫々思い思いに低い所を撰んで南へ南へと流れていたもので、梅雨時の洪水と共に南部の平野水田地帯は河水の「はんらん」に荒され悩され...

  • 逆井手

     黒子(福島)川が平尾川と合流する点から数百mさか上った所に逆井手と称する井堰がある。現在の分は明治の頃金立町が金立村時代の名村長横尾孫作氏が時の村会を動かし石造りに改築したものだが、往年からこの頃までは年に1回友貞、久富の農民が井手作りをやって来たもので、平尾川や徳永川の水量が増し黒子川に逆流せんとする頃合いを見て土俵を積んで水を止め、減水した場合は土俵を次第にとりのけていたとのこと。又この井...

  • 沖田の浸水

     沖田はなぜ浸水するのかと言うと彼の福島川は立派な堤防が続いているが下流、淵頭近くの沖田南部で堤防の影が消えている。之はここから大水の際は福島川の用水は勿論、平尾川の水、徳永川、巨勢川の川水迄が逆流して沖田に流れ込む工夫がされてあるので沖田は忽ち下の方から順次に海の様になる。これは、成富兵庫の水利工事以来の遊水池犠牲地となっている。どうしてこんな犠牲地を設けたかを古老の言に聞けば佐賀の大殿様の...

総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl