検索結果

「自然」「久保泉校区」「河川・水路」は4件登録されています。

  • 横落水道

     旧神埼町西部を流れる城原川の水が、仁比山の八子から西へ分かれて下和泉まで約6kmの直線水路がある。この水路を横落水道又は横路川と言う。  この水路は、城原川右岸から下和泉へかけての灌漑用水路で、成富兵庫が指揮したともいうが、川久保の邑主神代の采配があった。この取入口を三千石井樋または単に三千石と言うのは、この付近の大字竹以西が神代家の配分地でありながら、水が無くて荒れていたので、年貢4000石の負担...

  • 神籠池

     佐賀平野の条里は、城原川の西にも設定され、西郷野寄を基点とし西は横落から金泉中へ、南は城田上黒井までの3.9㎞、1里の方形であった。当時この間は、水に恵まれず墾田開発は進まなかった、と広島大学の米倉二郎氏は説く。藩政初期、神代氏の配分地となり、横落水路・八ッ溝の開さく・大小の溜池築造・河川の改修が為され、新田が開発された。だが水不足は思うにまかせず、水源かん養林では間に合わない。  神籠池の竣工碑...

  • 不動滝

     慈音院の右手の山道を、瀬の音伝いに登ると二条の瀑布の前に出る。不動尊を祀ってあるので『不動の滝』という。  もうここまで来ると、俗世の雑音も雑念も去り、木霊する爆音に何かを祈りたくなる。飛沫は岩に砕け、かかる虹の橋はいつ来ても心が和む。 ああわが古里よ 古里よ。    なくもがな、瀑布の前の閉ざされた籠り堂。  不動明王は、大日如来の命を受け、衆生の心に潜む悪魔を払い善人にして下さるという御仏で...

  • 観音滝

     不動の滝から流れに沿って左手の道を200m、軣然たる木霊と共に、十数mにわたって岩肌を伝い流れる直白い帯がみえ、不気味ささえ漂う谷間がある。これを『観音滝』という。水子地蔵が沢山目に止まる。

総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl