検索結果

「自然」「嘉瀬校区」「樹木・花」は17件登録されています。

  • シチメンソウ

     嘉瀬町では嘉瀬川河口と本庄江河口に生育しているが、ウラギクやヨシ、ヒロハマツナなどと混生していることが多い。 昭和62年5月に昭和天皇が全国植樹祭に行幸された折、東与賀大授搦地先のシチメンソウを御覧になってから、急に脚光を浴びるようになった。アカザ科の塩性植物で葉をかめば、塩分を含んでいることがわかる。葉は棍棒状で横断面が円形。若い時から部分的に淡紅紫色や淡緑色をしており、秋になると全株が鮮か...

  • ヒロハマツナ

     嘉瀬町では嘉瀬川と本庄江湖の河口付近にシチメンソウと混生していることが多い。 シチメンソウに似ているが、葉の上面が平らで長さ3.5cm、幅が3mmぐらいあるので区別できる。アカザ科で、日本固有の塩性植物である。有明海北部沿岸に生育し、本庄江湖では1km上流まで分布している。土木工事などで全国的に減少傾向にあり、環境省の絶滅危惧Ⅱ類、佐賀県の絶滅危惧Ⅱ類種に指定され、シチメンソウと共に貴重な植物である。

  • イセウキヤガラ

     嘉瀬町では本庄江湖河口干潟に生育するカヤツリグサ科の植物。根茎は細く地中をはい、先端に塊茎をつくる。地上の茎や葉の横断面は三角形で細長く、高さは80cmほどになる。全国的に稀な植物で、佐賀県では有明海北部の河口干潟にだけ群落をつくって生育し、最近浚渫作業などで減少する傾向にある。佐賀県では準絶滅危惧種に指定し保護につとめている。

  • アサザ

     ミツガシワ科の多年生水草で、根茎は水底の泥中を長くはい、太く長い茎を水面に出す。葉は卵形又は円形で直径5~10cm。やや厚く縁には波形の鋸歯がある。表面は緑色で光沢があり、裏面は紫褐色。花は鮮かな黄色で5つに深く裂け、花弁の縁は糸状になっている。 六月から七月にかけて水上に抽出し、午前中に開花し午後はしぼむ。久保田町、三日月町、千代田町、鹿島市の堀や流れのゆるやかな川に群生する。佐賀市では嘉瀬町...

  • ドクゼリ

     セリ科で水辺に生育する大形の多年生草本。地下茎は太く、竹の地下茎に似て節があり、内部には隔壁がある。地上の茎は中空で高さ60~120cm。その先端にセリの花に似た白い小さな花のあつまりを傘状に着ける。花の時期は6月から9月で遠方からでもよく目立つ。茎や葉柄を折ると黄色の汁が出る。これは、トキシンやチクトールなどの有毒成分を含むので、口に入れると神経中枢に作用し、呼吸困難となり死に至る。 佐賀県では...

  • ホウライチク

     筍が夏の土用頃に出るので、ドヨウタケとも言う。嘉瀬町ではオナゴタケとも呼んでいる。横にはう地下茎がないので、こんもりと茂る竹薮を形成する。日本原産ではなく、台湾、中国南部、タイ、フィリピンを原産地とする南洋竹(バンブウ)である。この竹は、火縄銃とともに中国南部から移入されたもので、鹿児島の島津義弘公が一朝有事のために家来たちの家に植えさせたのが発端である。のちに九州一円から四国南部の藩主が競...

  • モウコガマズミ

     スイカズラ科の高さ4mほどの落葉かん木。葉は卵形で全面に毛が多い。春先に黄白色の小さい花が多数集まって径8~13cmのかたまりをつくる。平成2年(1990)、県立森林公園に鑑真和上の上陸記念碑が竣工した折、その傍らに植えられた。鑑真和上の故郷、中国楊州市から贈られたもので、現在41株に増えている。原産地がモンゴルであるところから、和名をモウコガマズミと新しく名付けられた。中国名は瓊(けい)花(美しい花)...

  • 乙護神社のクスノキ

     境内の南東隅にあり、胸高直径1.25m、高さ12m。枝張りは南北19.5m、東西18mの巨木である。県の指定巨木で樹勢は極めて良好。幹にはコケ類やノキシノブが着生している。境内にはこの巨木の他に3本のクスノキが生育している。

  • 四面神社のクスノキ 

     境内には5本のクスノキが見られるが、最も大きいのは、社殿の東にある個体で、胸高直径0.9m、高さ8m。ノキシノブが着生しており樹勢旺盛。

  • 苗運寺のクスノキ

     境内の南東隅にあって、胸高直径1.2m、高さ7m。大枝を強く剪りつめられているが生育状態は良好。ナツヅタが着生している。

前の10件1 | 2....[最後]
総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl