検索結果

「自然」「金立校区」「樹木・花」は3件登録されています。

  • 道祖神松

     道祖神社は金立町字金立(松原)の南金立川の西岸に(国民保険直営所の南より大野原方面に通ずる道路の南側に見ゆる)立つ姿美しき老松のことである。往時肥前を横断し筑前を横断し遠く中央政府のある京都奈良に通する道路の守り神として道路の諸々に祀られてある道祖神を祀った場所に植えられ(又は植え替えられた)松と思わる。  此処には道祖神を祀る祠があった筈と思われる。私の幼少の頃の思い出(此松の程近くに元は小...

  • 玄蔵松

     伝説によれば、秦の徐福は孝霊天皇代、一族数百名をつれ渡来し、有明海の浮盃津に上陸し北行したが、到る処に蘆が茂り湿地が多く布を敷いて進み、今の千布まで進んだとき千反の布を使ったので、千布というようになったという。今千布の北外れに玄蔵松と呼ぶ松が生えている。たびたびの災害で植え替えられ今は小さい松であるが、ここは徐福一行が案内役を探し求めたとき野良仕事をしていた百姓玄蔵を発見したところといわれて...

  • 薬師の森

    所在する大字薬師丸付近は、昔は江湖が深く入り込んでいて、帆をかけた船がここらまで自由に上下していた。あるとき船中に薬師如来を祀った薬師丸という船が、この森の東北にあたる「はぎや」と呼ばれるところで沈没してしまった。その後、この船の薬師如来を移して祀ったのが薬師の森と言い伝えられている。

総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl