検索結果

「人物」「西与賀校区」「人物」は2件登録されています。

  • 平山 栄十

    平山栄十は、坂井嘉右衛門の二男として西与賀厘外西に生まれる。庄家の平山家の養子となり平山家を継ぐ。和雄と号す。和歌をよくし万延元年(1860)6月庄屋の職に推挙される。村政の経営にはげむ事、数十年村のために善政をしいたのである。また文久2年(1862)5月麻疹(はしか)が村中に流行するや、自分の田を売却して村民を苦難より救う事もしばしばであった。また副島種臣が、長崎遊学に燃えていた時、家が赤貧であったので義父...

  • 川副 夘三郎

    川副夘三郎は、江戸時代末の嘉永3年(1850)与賀上郷上厘外村の高柳(現在の西与賀町高柳)に生まれた。 幼少の頃は神童といわれ、その後、家人に従い農作業を手伝ったが、朝早くから夕方には星をいただき、その働きぶりは周囲の目をみはらせ、伝えによると、閑叟公(佐賀藩10代藩主)より賞辞を賜ったといわれている。 やがて家業を継ぎ田畑の耕作に従事したが、その精励ぶりはその度を加えた。後に選ばれて村会議員となり地区の...

総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl